« あなたの、日本に対する印象は? | トップページ | 近代化とは「洗練」のこと。私もビザとビデの区別ぐらいはわかる人間に…… »

2015年3月25日 (水)

安倍「わが軍」発言に覚える違和感

 自衛隊は「わが軍」なのかということについて、いつものように小さなコップの底と表面をぷくぷく孤独に上下しながらボウフラは考えるのであります。

 まず、高校教諭時代、自衛隊に送り出した、たくさんの教え子(教えたという実感は実は薄いが……彼らが自分で勉強したのだ。教え「よう」としたら学ばなかっただろう)の顔を思い出しました。

 入隊後数ヶ月して、「先生僕もイラクへ行けることになりました」と職員室まで報告に来てくれた、野球部出身の男。

 真駒内に入隊し、そこで同じ自衛官と知り合い結婚し現在は除隊している、なぜか高校在学中丸坊主だった女子。(廊下を物を持って移動していると必ず「先生運びましょう」と手伝ってくれた)

 高校教諭は、卒業生が企業に就職する際、ものすごく入念に推薦書を書きますが、自衛隊に入隊する際にはなんにもしません。生徒自身とその親が自分達ですべての手続きを行います。担任教諭は生徒の希望をふんふんと聞くだけです。受験指導をしようとしたら、「それも募集事務所の仕事です」と言われました。

 不思議なもので、何にもしないとなると逆によく、入隊後の生活について考えます。

 自衛隊には「家族感謝の日」というのがあります。1年に1度、家族を基地に招待し、平素の訓練を見せ、戦車やヘリコプターに体験乗車させ、自衛官と一緒にご飯を食べ(自衛官が規定の材料を使い、調理する。実はものすごく味が薄い。健康に留意しているせいだろう)させ、更に自衛官としての意識を交流するディスカッションに出席させます。とても有意義な1日であります。

 私は家族ではないけれど、ある年度、学校側の窓口みたいな仕事をしていたので、この感謝デーに招待されました。場所は真駒内であります。

 ものすごく激しい訓練に、しょうじき、感動しました。特にレンジャーであります。垂直の壁を、ロープ一本を使い、火器を含む思い装備を持った隊員が恐ろしい早さで駆け下り、また登ります。命綱もなしに高い鉄塔の上に張られた水平のラインを恐怖の表情も見せないで移動します。

 恵庭と真駒内の合同チームが東ティモールの奥地に橋を架けに行った映像を見たときは、涙が止まらなかった。先遣隊は後発隊のために宿営地を作る。だから到着時は草むらに寝るしかない。大地にはどんな、未知の病原菌がいるかわからない。しかし隊員の顔はどれもみんな明るく、実際に橋が完成するその瞬間まで、その表情の輝きが変わることがない。

 いつも、思い出すのであります。ビデオの操作をしたのは、実際に架橋作業に派遣された若い陸士であります。

 そして、あらためて、安倍発言を、思いました。

 尊敬するあれら自衛官の11人は安倍の脳中では「軍人」にほかならないのだ。

 東ティモールの子ども達に「敵ではない」ことを知らしめるべく、隊員達は一緒にサッカーなどの遊びに興じる。日本にいる時、彼らはものすごく無口でシャイだが、いっしょうけんめい笑顔を作り人間関係を作り、そしてそれは「橋を架ける」ためである。その橋には完成後、現地の言葉で名前がちゃんと付けられたが、東ティモールの人たちは今もその橋を「エニワ・マコマナイ橋」と呼ぶ。

 安倍発言に違和感を感じる人は思いの外すくない、ように見える。ネット上には、「実際に軍でしょ? なにか問題が?」という書き込みがあふれる。

 ボウフラは「ちがう」と叫ぶ。「あなたたちは『軍』の一員ではない。」

 国家の経済行為のために、私たちの経済的繁栄のために70年前に300万同胞が死んだ。戦争とは経済行為にほかならない。あなたたちの命は、経済的繁栄と引き換えに失われてはいけない。70年前に私たちが学んだのはそういうことだ。あなたが戦って死なないと日本が飢えるというなら、少なくとも私は飢えて死ぬ。

« あなたの、日本に対する印象は? | トップページ | 近代化とは「洗練」のこと。私もビザとビデの区別ぐらいはわかる人間に…… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/61334853

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍「わが軍」発言に覚える違和感:

« あなたの、日本に対する印象は? | トップページ | 近代化とは「洗練」のこと。私もビザとビデの区別ぐらいはわかる人間に…… »