« 中国のシャロンを「氷の微笑」のヒロインにしたのは私だ~Akitomyさんのコメントで改めて考える | トップページ | 携帯電話を海外発信対応に »

2014年12月 8日 (月)

中国的ヘルメット幻想

Photo


 毎朝
7時に、海南師範大学南校舎から(生徒はナンシャオ、南校と呼ぶ)バスが出ます。龍昆南路から紅暁湖路を東進、五公祠前を左折。その辺りが一番混雑します。写真はその箇所です。

 ある日、この交差点を通過するバスの窓から一台の三輪タクシーを見て、ぎょっとしました。運転手さんのかぶっていたヘルメットを見て。

 三輪タクシーの運転手さんは女性でありました。別に規制はないのでしょう、着けて走る運転手さんもいれば着けないで疾走する運転手さんもいます。客はもちろん着けません。若い女性の客も多く、ヘルメットなんかかぶったら髪型が乱れます。

 私がぎょっとしたのは、その日見かけたドライバーさんのかぶっていたのが、四輪用のヘルメットだったからだ。

 四輪用は、二輪用と違います。開口部の、上下幅が狭い。バイクと違って上下を見る必要があまりないからでしょう。基本的にはゴーカートで競技する人のためですけど、F1ドライバーなんかがかぶっているのはいっそう、開口部の上下幅が狭い。強度を増す関係でしょうか。

 いずれにしても、中国の三輪タクシー、その女性ドライバーさんの中に、四輪用のレース用ヘルメットをかぶって仕事する人がいる!

 日本へ帰る。二輪用のヘルメットは15000円くらいから買えますが、四輪用となると、4万円ぐらいが最も安く、上はいくらでもあります。中国のヘルメットはいくらなのか?

 うう~む、意味も無く興味がわく。

 空想しました。

 日本のヘルメットメーカーの中には、中国の工場に設計図を渡し作らせているところがあるのだ。本来は工場出荷時でも数万円するはずだが、その設計図を入手し、材料や他の機構を工夫して安く作るのに成功した工場、あるいは技術者がいた。日本じゃ安全審査に通らないが、中国じゃかぶる、かぶらないはそれ自体が自由なのだから問題ない。かくして、形は同じだけど中身が違う、というヘルメットが流出する。それを三輪タクシーの運転手のおばちゃんが買った。

 ちょっとそのヘルメットを売ってる場所へ行ってみたい。日本じゃ平均して5万だけど、ここじゃいくら?

 見つかったとして、「F1レース用」とか書いてあったらどうしよう。F1レースのヘルメットには特別なレギュレーションが要求されます。時速100キロで高速コーナーを廻ると、4Gの真横向き重量がドライバーにかかります。頭+ヘルメットで仮に8キロだとすると、32キロの力でドライバーは首から上をカーブの外側に持って行かれるわけです。四輪用ヘルメットのメーカーはだから1グラムでも軽く作る。そのために高くなる。

 うう~む、そのヘルメットをアパートの部屋に飾ってアイルトン・セナの夢を見る?

 おばちゃんに会ったら聞いてみたい。どこで買ったの? いくら?

 「あぁこれかい? 日本へ旅行した時にねぇ、鈴鹿っちゅうところで買ったんだよぅ」とか言われたりして。

 わはははは。愉快な空想終わり。

 

 ……試験問題作ろ。

« 中国のシャロンを「氷の微笑」のヒロインにしたのは私だ~Akitomyさんのコメントで改めて考える | トップページ | 携帯電話を海外発信対応に »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/60777478

この記事へのトラックバック一覧です: 中国的ヘルメット幻想:

« 中国のシャロンを「氷の微笑」のヒロインにしたのは私だ~Akitomyさんのコメントで改めて考える | トップページ | 携帯電話を海外発信対応に »