« 海南島産のお米5キロで630円ね | トップページ | 哲学の石の上で「アメリカ以後」を考える »

2014年12月17日 (水)

追われる者は追う者より速く走らないと

 ある分野においては、日本の工業力は世界一なのだと思います。一時期、アメリカが、司法もメディアもこぞって、トヨタ車バッシングに集中したことがあったけど、あのような卑怯卑劣が、ねつ造と分かっていてもアメリカ人に許容され恥とは思われない、それはそのまま、アメリカの自動車業界……と、広くアメリカ人の……劣等感の表れであります。新車で買って2年目にドアの隙間から雨が降り込むような車を作っている反省からまずするべきなのですけど、反省するよりトヨタを叩く方がかんたんだ。

 とにかく日本の自動車は今なお世界最高である。だいたい、今になってアメリカやヨーロッパの老舗の自動車メーカーがやたらとコンパクト車を開発してるけど、石油ショックの少し前、日本の車体のコンパクトさを笑ってたのはどこの誰だよ。

 それはそれとして。

 家電から車から、日本の設計図から技術が流出するって、それで中国はどうのこうのという論調がネット上に見えるのですけど、私は日本の技術を自社製品に生かす(時にそっくりだというが……)中国企業を、悪く言う気が、しないのであります。私が現在、中国にいるという、それも理由の一つだが、祖国日本のことを愛するなら、中国の技術吸収を批判することはできないだろうと、思うからであります。日本もそうやって「世界一」になったのだ。

 自動車、バイク、それに「世界最高」は、光学製品であります。

 ニコンは、もともと軍需産業だった。高射砲の照準装置や潜水艦の潜望鏡を作っていた会社が、世界が平和になったのでその技術を生かしてカメラを作った。その際、ツァイスやライカといったヨーロッパの一流メーカーを、絶対に参考にしなかったか? そんなことはあり得ない。

 コニカのC35は、ローライを参考にしなかったか? 富士フイルムがネオパンSSSという日本の白黒フィルムとしては一応の完成形を作り出すまでに、トライXを参考にしなかったか?

 北海道のバイクやさん兼ボートやさんに、おもしろいブログを書く人がいる。メイドインチャイナの除雪機に興味を持ち、バラしてみたそうだ。すると、技術は明らかに日本のものなのだが、部品の互換性とかビスの汎用性とか、ものすごくよく考えて造られていることがわかったという。しかもシンプルに、部品点数を減らすことにも成功している。

 技術というのはそういうものだ。どうしたって流出し、流れ出た先でよりよい改良を見る。いつしかイーストマンコダックは富士フイルムに駆逐され、どうしたってライカやローライよりキャノンやニコンの方が信頼性にすぐれ、そして自動車については言うに及ばない。ある時期、世界の技術が日本に雪崩を打って流入したことは当然だが、そのあとのがんばりがすごかったということだろう。

 それなら、中国の家電量販店に日本のものそっくりな白物家電が売られていたとしても驚くには当たらないし、馬鹿にするのも間違っている。むしろ、どうしてiPadが日本のメーカーから出なかったか、という私の疑問に答えて欲しい。ウォークマンはたしかにすごい商品だったと思うが、そのソニーがプレイステーション以降、元気を失ったのはどうしてか? 安倍は「景気を良くする」というが、終戦から1980年代までの空前の繁栄は、政治の力によるものだったか? 旺盛な技術革新の欲望が、企業に、民間に、溢れていたからではないのか?

 私は、日本の設計図を求める中国企業のことを(そろそろ求められなくなるかもしれないが)批判する気には一切なれない。海南島には日本のスズキのGN125そっくりのバイクが溢れている。そのロゴたるや、JINLONだのSIKIHUだのFUZUKIだの遊んでいるのか真面目なのか分からないようなものだが、とにかく中国国内の複数のメーカーが日本のバイク(といってもかまわない)を造っている。当然じゃないだろうか? 追われる者は、追う者より速く走らないといけないのではないか? バイクメーカーは、走っている。GSXR1000もハヤブサもNinja1000も、すぐには世界のどのメーカーも造れない。偉い。しかしその他は……。

 私は毎日、カローラそっくりの車に中国国内メーカーのロゴが打たれた車を見ている。不愉快にはならない。トヨタにとってカローラはもう過去だ、トヨタはアメリカの汚いバッシングにも屈しないで次を目指した。偉い。他のメーカーにも、「偉い」という目を向けたい。技術を吸収するのは当然だと思う。私はホンダのバイクが好きだが、宗一郎が最初のレーサーを造る時、イタリアのモンディアルを徹底研究したのは有名な話だ。レーサーではないが、1970年代に出たCL90にはなんとなくモンディアルの面影があって、笑える。モンディアルが笑っているかどうか、知らない。しかしついにコンシューマーバイクを量産し得なかったモンディアルと、技術を参考にしたがやがて世界一のバイクメーカーにのし上がったホンダと、どっちが勝者なのか、明らかだろう。

 中国は好きだが私は日本人である。4億円のホンダのジェット機は買えないしトヨタの燃料電池車も買えないが、ごくごくささやかな協力の意思表示は……え? 奥さんなに? 株は買わないって結婚時の約束? ……うう~ん。

 じゃFT86買お。

 日産のリーフでもいいかな。

 ホンダのジェット機、300万にならないかな。

« 海南島産のお米5キロで630円ね | トップページ | 哲学の石の上で「アメリカ以後」を考える »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/60825534

この記事へのトラックバック一覧です: 追われる者は追う者より速く走らないと:

« 海南島産のお米5キロで630円ね | トップページ | 哲学の石の上で「アメリカ以後」を考える »