« 海南島ゴ○○リ戦争……お食事中の方注意…… | トップページ | また学級定員を40人に戻せ? »

2014年10月29日 (水)

海南島で精神分析を受ける

Photo


 卒業論文の指導は、日本人外教の大切な仕事の範疇であります。私の場合、
4人を担当しております。毎週、この4人と打ち合わせを行います。

 「川端康成の自然描写から、『伊豆の踊子』から『古都』までの意識の変化を探る」というテーマを立てた生徒がいます。伊豆の……には、周知のように渓谷の様子、雨、伊豆半島の草原のことその他、実に多様に自然描写が登場しますし、古都にももちろん、京都の植物に関する精緻な描写が頻出します。それらを追いかけながら、若き川端がどのように意識を成熟させて古都に至るか、知ろうという試みであります。なかなか、興味深いのであります。

 最初の打ち合わせの時、彼女は精神分析の分厚い本を持ってきました。中国の書籍というのはだいたい大きくて重い。情報量というのが半端じゃないのであります。それは何ですか、と聞くと、「『古都』には木の様子を描写する箇所があるので、その言葉の使い方から精神分析を試みようと、樹木の描画から人間の心理を読み解く専門書を一冊読みました。」という返事が返ってきました。

 バウムテストであります。

 私は純然たる興味で、「これ一冊丸ごと読んだのなら、私がここで木の絵を描けば精神を分析できるわけですね?」彼女はこともなげに、「できます」と返事。私には、興味があったのでした。何しろ私は、日記をつけるのにある行では海南島のゴキブリは大きいと言いある行ではそれほどでもないと言い、要するに分裂症を呈しているのであります。

 紙に木の絵を描いて彼女に渡しました。彼女は「分析結果は来週お伝えします。」

 それが、本日でありました。

 彼女はわざわざ、私の描いた木の絵を大きな紙に写し、詳細な分析結果を日本語で書き込んでくれました。

 ○樹冠の描き方は、支配欲を表し、果実を描き込んでいることは、成就の欲望を表す。

 ○幹は太くて輪郭もくっきりとしている。自信と素直さを併せ持っていることを表す。

 ○枝が樹幹より上に伸びている。理性的な活動に熱中し、でも、思考の過程は情感に支配されていることを表す。

 ○幹と根っこは中央より左寄りにある。父より母からの影響の方が強い。

 ○木の右に太陽が描かれていることは、理性的な思惟を尊重するとともに、男性社会への傾斜を物語る。

 ……彼女の分析はまだまだ続きます。背景に複雑な遠近法が描かれていることは、私がとりあえず現在の居場所で安定していることを表すのだそうです。

 一番興味を持ったのが、地中に入り込む根でありました。爪形に鋭く地面に食い込む根は、時として生命の危険を顧みず何かに執着する性質を物語っている。

 あ、あたっているじゃありませんか。

 900cc139馬力のバイクで1800キロの旅をするなんて、彼女の言うとおりの性格であります。バウムテスト、おそるべし。

 現在中国にいる2000人の日本人日本語教師は全員、どのような樹の絵を描くのだろう。爪形に深く地中に入り込む根を、描く人はいないかな?

 え? 卒業論文自体? 彼女らはちゃんと書いています。何しろ中国の大学生であります。ひたむきに勉強するのだ。

 「本文6000字ってよほどネタを絞り込んで言葉も省略しないとあっという間に埋まってしまいますよ、私は、一人の女性へのラブレターを、6000字書いたことがあります。」

 笑ってくれると思ったのに、笑ってくれませんでした。

 時に場にそぐわない冗談を垂れ流す、というのは木のどこに描かれているでしょう。

« 海南島ゴ○○リ戦争……お食事中の方注意…… | トップページ | また学級定員を40人に戻せ? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/60563642

この記事へのトラックバック一覧です: 海南島で精神分析を受ける:

« 海南島ゴ○○リ戦争……お食事中の方注意…… | トップページ | また学級定員を40人に戻せ? »