« 海南島で精神分析を受ける | トップページ | 発音個別指導、4年では5名! 今日は1人で寺院参拝 »

2014年10月30日 (木)

また学級定員を40人に戻せ?

 いやぁ、久しぶりに笑いました。

 財務省でしたっけ? 文部科学省に対し、「35人学級を40人学級に戻せ」?

 戻せって、2011年に35人学級にする案が確定したのだから、まだ日本全国には行き渡ってないのとちがいますか?

 それに財務省の言い分としては、「35人に減らしたことでイジメの減少や学力の向上につながったことが確認できない」。

 ネット上でこの記事を読んだ時は何かの冗談か漫才かと思いました。35人という措置が施行されてすぐに日本中に行き渡ったと仮にしたところで、たったの2年や3年で結果が出ると、財務省は考えていたのでしょうか? 文部科学省の関係者にもしも脳みそがあったら、冗談じゃない結果が出るまでせめて15年は待て、と尻をまくるところだ。

 35人を40人に増やしたところで日本中で節約(? いやな言葉だ。教育費を「節約」)されるお金は、たったの85億円なんだそうです。

 でもまぁ笑っている場合じゃない。日本の先生がこれだけ侮辱されて40人をたったの5人減らしただけで山積する学校現場の問題が雲散霧消するはずでそうできない教員は能力不足であるみたいな言われ方をされて、それでもじっと毎日の業務に邁進し一言も抗弁しない先生方は立派だが、少なくとも日本のキャビネットには学校のことなんか一切なんにも考えてない機関があるということは笑えない。私は現場の教員時代、日本の学校の学級定員を減らすための運動をしたことがあったがその時の要求定員は25人でありました。「ちょっと生徒と話をしたい」と思う時、それが40人と25人とでは実は密度は2倍も3倍も違う。って、そんなことを議論する気もまた、財務省にはないのだろう。もしかしたら文部科学省にもないのかもしれない。

 教員を大切にしない国は滅びるとおっしゃったのは藤原正彦先生である。私は全く同感である。35人定員を40人にすることは教員をないがしろにすることじゃないと財務省は言うかもしれない。その努力に顧慮しないで2011年の措置の成果が2年か3年の後に出ていないからここから85億円を引き上げるという発言が教員に対する侮辱でなくてなんなのか。私は、学校現場からそれだけの金額を引き上げないと日本という国が滅びるなら、さっさと滅びて良いと考える、というかとっくの昔に滅びている。

 制度を作っちゃ変える、そうやってかき回す、学校現場に勢力を及ぼす政治というものがクソだとずっと思ってきた私は、それでも33年間を全うしたのだからきっと行政にとって極めて従順な教員だったのだろう。それは私の中で一つの恥となっている。誇りじゃない、恥だ。教員採用予定者に向かい、組合には入らないのだな、と、およそ真っ向から法律に違反する恫喝をした教育委員会(兵庫県尼崎市だ)、教員採用2次試験の試験官を全員、体育科教員上がりの行政職で固め、号令と命令と組織への従順さで採否を決めた教育委員会(198183年頃の京都府だ)、そういう人間や組織を相手にして喧嘩しなかったから私は60歳定年を迎えることができた。それが恥でないわけがない。

 今も「先生」は仕事中である。先生は子ども・生徒と向き合っているが一方、訳の分からん親とも、向き合っている。もっと訳の分からん教育行政職の役人と向き合っている。その連中の上に立つ人間はわずかな金のために「先生」の努力や苦労なんか眼中にない。狂っているが権力は持っている。本当に始末が悪い。

 やっぱり。

 藤原正彦先生の発言は、正しい。どこまでも正しい。

« 海南島で精神分析を受ける | トップページ | 発音個別指導、4年では5名! 今日は1人で寺院参拝 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/60568955

この記事へのトラックバック一覧です: また学級定員を40人に戻せ?:

« 海南島で精神分析を受ける | トップページ | 発音個別指導、4年では5名! 今日は1人で寺院参拝 »