« 雨の中自転車をこぐとパトカーが心配そうに併走 | トップページ | 私の「1万円選書」 »

2014年9月12日 (金)

鬼の首でもとったかのように朝日をたたく人のほうが実は危うい

 じゃぁ何月何日の、どの紙の、どの事件について書かれた記事がそうなのか、と問われたら(問う人はいないけど)絶対に答えられないのですけど……私も命は惜しいし中国入りのビザも欲しいし自分のパソコンのIPアドレスも惜しいので……新聞に限らず『メディア』の報道って時には嘘です。私は、ここにはこう書いてあるけど違う読み方もできるかもしれない、と思うようにしています。こう述べてるけどこの人は本当は別の言い方をしたのかもしれない、と常に思っていないといけない、そう自分に言い聞かせます。記者もデスクも新聞社自体もかなりはっきりしたポリシーを持つじゃないですか。新聞とは「誘導」をするものであります。「誘導」は「虚偽」とは違う、そんなこと子どもである私にもわかる。でもそれでも、「新聞は常に正しいことを書く」という思いこみはたいへんに危険だ。疑え、引き続き疑え、と私は思って、毎日複数の全国紙を読む。

 誰かの名誉に関すること、間違いのレベルにおいて致命的なことを書いたのなら謝罪も撤回も必要だろうと、私は思う。しかし読者の側にはなおも「この記事の信憑性には疑問がある」という姿勢がないといけない。

 新聞であれなんであれ間違いを犯さない客観性なんてない。

 ものすごくささやかな記事を某紙に提供したことあるけど、高校の職員室に白昼「長すぎるのでちょっと短くして良いですか」という電話が入り、具体的にどこを削ってどこを残すのか聞いているうちに面倒になり「いいですよ何でも」と返事したところ、全く違う解釈を可能にする言葉にすり替わっていた、という経験を持ちます。

 もちろん、それは私が悪いのです。相手はちゃんと、どの言葉をどうするのか説明しているんだから。

 それは嘘とは違う。そんなこともわかる。私は「読み手にこういう影響を与えたい」という編集者・記者の姿勢が常に記事にバイアスをかけていてそれはうんと広い意味ではやっぱり嘘なのだと、ちゃんとわきまえた上で新聞は開かないといけないと、言っている。

 それを広義の「嘘」というなら。

 朝日新聞に限らずどの新聞社だって時には嘘をつくでしょう。特定の事象をどう解釈するかについて読者の意識を「誘導」するような「てにをは」の処理をするでしょう。時にそれは明白な嘘より始末が悪いと、私は思っています。

 日本経済新聞には、わりあい詳細な吉田調書の要約が載っていて、非常に興味深く読みました。朝日新聞のことを頭から外して読んだ方がはるかに読みやすいし納得もできる。臨場感があってひきつけられる。できれば全文を読みたい。(A4にして400枚だそうだ。たいした長さじゃない)でも吉田氏が語った言葉を文字にする時点でもう文章作成者の主観が入っている。これが発表された時点で自民党政府の意に沿う編集がなされていないという保証はない。

 朝日新聞の記者に、編集者に、自分が誘導しようとしている事件の解釈が正しいのだという傲慢があった、それは否定できない。しかしその……あえてその言葉を使えば……誤りを鬼の首でもとったかのように言い立てる人もそれを「そうだそうだ」と読む読者も、ともども日本の健全な将来のためには、危うい。

 

« 雨の中自転車をこぐとパトカーが心配そうに併走 | トップページ | 私の「1万円選書」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/60302404

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼の首でもとったかのように朝日をたたく人のほうが実は危うい:

« 雨の中自転車をこぐとパトカーが心配そうに併走 | トップページ | 私の「1万円選書」 »