« あと3週間でハルピンを離れます | トップページ | 21世紀は……予言は時に当たり、時に当たらない »

2014年6月15日 (日)

中央大街でJBLサウンドを聴く

Jbl


 配偶者と一緒に、中央大街へ。

 その名前も「露西亜」という露西亜料理店へ、ボルシチを食べに行ったのです。

 注文を間違え、赤い色をしているからこれだろうとメニューを指さしたら、それはボルシチでは無く、トマト味のシチューでありました。ボルシチというからには赤カブでないといけませんが、赤いのはニンジンでありました。でも配偶者は硬いパンにバターを塗りながら「でもおいしいからいいわよ」。

 1人前が22元。私が注文した、ロシア料理でも何でもないビーフカレーが27元。パンが20元。いちいち安いのであります。2人会わせても日本の通過換算、1300円にもなりません。

 

 土曜日なのでものすごい人。幸福そうな男女のペアが多いです。あちらこちらから「熱(ヘンルオ)~」という声が聞こえる。気温が30度あったって、乾燥していて風があるので私は別段暑くありません。

 

 中央大街にはサッカーの試合を放映する巨大スクリーンがありました。ショッピングモールかあるいはホテルのサービスであります。私達がこの前を通りかかった時には、オランダ対スペイン戦のビデオを流していましたが、おそらくはCCTVの画面をそのまま巨大スクリーンに投影するのでありましょう。

 立入禁止の柵の外から、ごはんを食べていたスタッフに声をかけました。

 「明日9時からの日本・コートジボワール戦が見たい。その時刻にここに来たら見ることが出来るか?」

 中国に20ヶ月いたので、そして珠玉の4年生、趙さんと珠玉の1年生、金さん、そして海南島にある孔子学校の王先生に、ある時期中国語を教わったので、そのくらいのことを言うことはできます。

 ところが、その返事が、わからない。

 巨大スクリーン前のスタッフは、「柵を越えて中に入って質問しろ」と言ってくれ、中に入ると椅子まで出してくれたのでゆっくり質問し、ゆっくり聞き取ったのですが、どうしても返答の内容がわからない。こちらの質問は、100%理解してくれているらしい。返答を単に「是。可以。」とか「一定会看。」とか言ってくれたらわかるのですが、たくさんしゃべるのでその内のどの単語が回答なのかわからない。でもどの人も笑顔だし、たぶん「来れば観られると言っているのだろう」と、勝手に解釈。

 

 巨大スクリーンの脇に置かれているPA用のスピーカーが、さりげなくJBLでありました。

« あと3週間でハルピンを離れます | トップページ | 21世紀は……予言は時に当たり、時に当たらない »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/59818728

この記事へのトラックバック一覧です: 中央大街でJBLサウンドを聴く:

« あと3週間でハルピンを離れます | トップページ | 21世紀は……予言は時に当たり、時に当たらない »