« アメリカが大好き、アメリカが大嫌い | トップページ | 交換日記、この前近代的な恋愛の道具 »

2014年4月21日 (月)

心よりご冥福を祈ります

 

 私は上等な教師ではありません。中国でもそうだし、日本でももちろんそうです。これが日本人特有の麗しい謙遜でないことは一緒に仕事をした方々がよくご存じです。もちろん、生徒も、私がこう書くと「全くだ」と素直に同意してくれるでしょう。以前、佐呂間出身の男子生徒が私の授業のことを「なまら、詐欺だな」と喝破しました。なまら、というのは北海道弁です。「とても」「全面的に」のような意味です。

 

 授業技術の面では論を待ちませんし、基本的な心構えとしても、どっちかというと不良に属する教師であります。

 

 尼崎市立尼崎産業高校に勤務している時、こんなことがありました。(この高校は今は「ない」)生徒会執行部役員の加藤君と一緒に体育祭直前のグラウンドインスペクションをしていたのですが、それが放課後だったもので、陸上部員の投げた円盤が、バウンドしながら私たちの方へ飛んできたのであります。

 

 「先生、あぶない!」と叫んで私の前に立ちはだかってくれたのが加藤君であります。私が、彼の後ろに隠れた。円盤は幸運にも彼を直撃せず、危ういところで足もとをそれていった。

 

 「オレは教師のくせに君の陰に隠れた」と落ち込む私に、加藤君は「違いますよ、たまたま僕が先生の前にいたんです」といった。同じだ、と私は思いました。

 

 今のように老人だったというなら話はまだ分かるが(それでも駄目だが)当時私は30才でありました。

 

 ゆっくり考えれば、その時にどうすべきだったか、当然分かる。しかしゆっくり飛んでくる円盤など、ない。

 

で。

 

韓国で起こった痛ましい事故で、船長が激しく責められるのはわかる。かなりの責任があると思う。ただ私は私で、別のことを考えている。

 

彼を責める人は、とっさの時もゆっくり考えた時も、ともども正しい判断と行動のできる人なのだろうなぁと思う。私にはとてもそんな資格などない。資格がないまま定年まで勤めた。もう一度円盤が飛んでこなかったのは単なる偶然に過ぎない。

 

 犠牲となられた方々の恐怖と絶望、家族の方々の喪失感はどれほどでありましょう。心より、冥福を祈ります。

 

 

 

« アメリカが大好き、アメリカが大嫌い | トップページ | 交換日記、この前近代的な恋愛の道具 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/59506229

この記事へのトラックバック一覧です: 心よりご冥福を祈ります:

« アメリカが大好き、アメリカが大嫌い | トップページ | 交換日記、この前近代的な恋愛の道具 »