« 風の丘を越えて | トップページ | yukorinさんのおしゃるのが正論だと私は思います »

2014年4月12日 (土)

我が子の入学式で年休を取る新担任? それのどこに問題が?

 教育委員会という組織も文部省も、私はいらない、と思っていました。学校のことは現場で決める。それが最良であるしそれ以外にない。この両組織に関して私の記憶に残る馬鹿はたくさんある。

 「定員割れしている学校では志願者を全員合格させろ」

 それなら、入学試験なんかやめてもいいの?

 「いや、それはやる必要がある。」

 意味がわからない。

 実際に、300点満点中12点(!)で合格した生徒がいます。私は職員会議で「不合格相当だ」と発言しましたが、校長は「それは文部省が許さない」といいました。おかしい。授業は文部省じゃなく私たちが行う。300点満点中12点ということは、アルファベットがAからDくらいまでしか読めない、書けないということです。国語の授業にしても、ある行の最後の文字と次の行の最初の文字がつながって言葉をなしているということがわかりません。数学(じゃなく算数)にしても、繰り下がりのある引き算なんかできるわけがない。彼女を高校生にするなら、文部省から誰か彼女専属の教員をよこせよ! と思うのですが、「合格させた以上あんたらの仕事」。

 意味がわからない。

 こうやって、定員割れしている高校の授業水準はどんどん落ちる。

 「高校で、こういう生徒を抱え込んでおかないと日本の治安に関わる」という、うがった意見がありましたぜ。

 すげぇ。文部省や教育委員会は、高校を治安維持施設と考えているわけだ。

 そんなわけで、私は在職中も今も、文部省も教育委員会も消えてなくなれ、と思っているのであります。現場に任せろ。余計なこと言うな。治安のことはそれを専門に考える組織がちゃんとある。

 で、今度のことも。

 入学式に年休を取る教師がいた。それを許可したのは校長でしょ? 現場の判断でいいじゃないですか、校長は担任がなんで入学式の日に休むのかをちゃんと聞いている。その上で、副担任やその他の学年組織教諭でカバーできると思うから許可した。

 もう学校の問題じゃないか。

 それを、なに? 入学式の日に担任がいないことに「不安」を覚えた「新入生」や「その保護者」? に呼応して、教諭を指導する? 校長の管理責任を問う? 不安を覚える高校生も高校生だが、入学式の諸手続を担任じゃない他の教諭が代行することに不信があると生徒や親から言われたら、組織的対応しているから大丈夫って、なんで言えない。文部省も教育委員会も要するに組織なんて信頼していないってことか? いつの時代だよいったい。

 入学式の業務なんか副担や学年組織できちんと対応できます。完全にできます。それができないなら学校組織として体をなしていない。どこまでいっても、教委や文科省が口を出す問題じゃない。

 それに。

 滅私奉公タイプの教員が常識だった時代から、「うちの子どもも入学式なので年休取ります」って個人の都合を言える時代に変わったのは進歩だと私は思います。同じような事例で、家庭の、本人の事情より校務を優先させた教員に向かい「クレージーだ、アメリカでは考えられない。だって教員はいっぱいいるが子どもの親は君ひとりだろう」と言った、AETがいましたぜ。

« 風の丘を越えて | トップページ | yukorinさんのおしゃるのが正論だと私は思います »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

昨日のお昼過ぎにyahhooニュースの見出しを見て、どうしてこんなことがニュースになるの?って思いました。実は、私も10数年前、娘の高校入学式のため、勤務していた中学校入学式を欠席しました。
3月末に1年担任と決まったとき、入学式に出られないので担任はできないと言ったところ、校長が「1日のことで担任を外れなくてよい」と言われました。私も、中学校入学式が重なったときは、祖母に代わりに行ってもらったのですが、高校は県外の遠い学校で、知り合いもなく、何かと不安なのでやむを得ず出席しました。教員は、自分の子供を一番大切にしてこそ他人の子も大切にできるのだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/59455282

この記事へのトラックバック一覧です: 我が子の入学式で年休を取る新担任? それのどこに問題が?:

« 風の丘を越えて | トップページ | yukorinさんのおしゃるのが正論だと私は思います »