« 病気の自慢 | トップページ | 鉄橋見学の日に「愛の永続」について考える »

2014年4月26日 (土)

シンガポール国立大学の授業がふと心配

 シンガポールでは、どんなに知識がなくてもどんなに裏付けのない発言を繰り出しても、国立大学の先生になれるのか?

 日本製品の致命的欠陥、という名前入りの記事を読み、腹を抱えて大笑いしました。

 海難事故の被害者の方は本当にお気の毒です。その被害そのものがお気の毒だし、被った被害が反日運動や日本製品へのバッシングに利用されているという点でもお気の毒です。これでは静かにお休みになれないでしょう。

 シンガポール国立大学の立派な先生は日本の船と車の欠陥をいろいろあげておられますが、まぁ改造とか過積載とかには一切目をつぶっているわけで論評には値しませんが、論理がむちゃくちゃ。車の衝突時の安全性の比較をするなら、同じ方向で同じスピードで同じ硬度の同じ質量のものにぶつかった際のダメージで比較するべき。あるケースではベンツがつぶれずあるケースでは日本車がつぶれたって、そんなの当たり前、事故のケースは百態百様なんだから。日本の車がすべて軽薄短小みたいにシンガポール国立大学の立派な先生は書いてるけど、百歩譲ってその論理でいくとして、じゃぁシンガポール国立大学の立派な先生が大好きなドイツの車、たとえばフォルクスワーゲンのジェッタと日本のトヨタのメガクルーザーが正面衝突したとしてごらん、どっちがつぶれる?

 あ、口が腐る。あほと議論しちゃいけない。

 笑い話に切り替えるけど、「トヨタのジープ」ってものは存在しないでしょう、ジープはクライスラー社と日本の三菱にしか商品名として使うことが許されていない車種のはず。シンガポール国立大学の立派な先生は、タッパの高い四輪駆動車はみんなジープだと思っているのか? それでよくベンツとトヨタの区別が付いたな。利益を追求し、材料を可能な限り節約する日本製の理念って書いてるけど(まぁ翻訳だけど)シンガポール国立大学の立派な先生はレクサスやランドクルーザーを知らないんだな。クラウンもパジェロも知らないわけね。ついでのついでだけど、米国のある女性が高速道路で急ハンドルを切ったところ横転してトヨタを訴えたって、高速道路で急ハンドル切って横転しないのはF1カーぐらいでしょ。それとも、なに? この423日付の記事って、笑いをとるためのネタなの? それじゃ実名で記事書かれてるんだから、シンガポール国立大学の立派な先生は訴えないと。

 いつになくネット記事で笑えました。いやしかし実際、この「シンガポール国立大学の立派な先生」がどんな顔をしてなんの講義をしているのか、ちょっと覗いてみたい。シンガポール国立大学にはこういう先生がいっぱいいるんだとしたら、ちょっと生徒のことが心配になるぞ。

« 病気の自慢 | トップページ | 鉄橋見学の日に「愛の永続」について考える »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/59536029

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール国立大学の授業がふと心配:

« 病気の自慢 | トップページ | 鉄橋見学の日に「愛の永続」について考える »