« 古いIBMのノートに無理やりwindows7をインストールしてみたら | トップページ | パソコンはT43です、そして回線が絶不調 »

2014年3月30日 (日)

武漢から絵が届く

Uma001  あらためて、中国の人と交際するというのはこういうことだったのだ、と認識を新たに。

 210日から14日まで、武漢という町を旅したのでありました。

 案内してくれた3年生が「先生どこへ行きたいですか?」

 私は、「あなたの案内ルートの中に黄鶴楼が入っているなら他には何も。でも時間があるので武漢大学、あと美術館見たい」

 「先生絵が好きなんですか」

 「絵は見るのも買うのも大好きです。画廊があったら入ってみるのも良いですね」

 横で配偶者が笑いながら「画廊と楽器屋さんはこの人(私のこと)にはとても危険です」

 残念ながら、画廊はありませんでした。

 旅を終えて、1ヶ月以上して、案内してくれた大学生からメールが入りました。

 「先生は絵が好きだと言っていました。父の友達に画家がいます。先生のために1枚書いてもらいました。今それを表装しているのですが、できたら送ります。」

 ええ!?

 しばらくして、掛け軸が届きました。

 背後に山を持つ、田舎の村です。草葺きと瓦葺きの家が混在し、その組み合わせがごく自然です。山の間を霧が流れ、霧は集まって小川となり更にそれが集まって豊かな流れとなります。川は見ている私に向かい、優しい音を立てて、流れてきます。

 様々な色の葉を持つ木が、実におちついた佇まいを見せています。人間、帰るべきところがあるならこういう場所だろうと、思います。京都市東山区で育った私ではありますが、心うち深くこういうふるさとを持ちたい、と思いながら、絵を眺めます。

 画讚に「孝感」の字がありますから、画家は湖北省、武漢の近くの人なのでありましょう。

 送ってくれた大学生はすでに日本への留学を果たしました。「日本で会いましょう」とメールしました。

« 古いIBMのノートに無理やりwindows7をインストールしてみたら | トップページ | パソコンはT43です、そして回線が絶不調 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/59379394

この記事へのトラックバック一覧です: 武漢から絵が届く:

« 古いIBMのノートに無理やりwindows7をインストールしてみたら | トップページ | パソコンはT43です、そして回線が絶不調 »