« 「昨日まで傀儡だったが今は自分の脳みそでしゃべってるぞ」という嘘 | トップページ | 武漢から絵が届く »

2014年3月29日 (土)

古いIBMのノートに無理やりwindows7をインストールしてみたら

Photo  午前6時、メールの着信を知らせる「ぽーん」という音が。

 午前3時まで恐ろしく調子の悪いパソコンと格闘していた私は、飛び起きたのでありました。

 メールは生徒からで、「今日は9時に、学校が移転する先、平房区の建築現場をを案内することになっていました。9時にバスの終点で待っています」と。

 はて、そりゃ昨日、クラスの班長を通じて延期したはず、と思いながら返信。「今日の平房区探索は中止です。まずは病気を治してください。」

 重度の風邪のために病院送りとなり、授業にも出られないのに教師の郊外散策の案内をしてやろうという大学生の気持ちは大変にうれしいのですが、本末転倒というものであります。

 返信のあとすぐに班長に連絡を取り、「金曜日の時点で学校移転地の探索は中止って決めたの、彼に伝えたのかよ」と詰問する私。班長はきょとんと「僕はちゃんと彼に言いましたよ」。

 ううむ、じゃぁ彼は本気で、寝込むような風邪を押して案内「したかった」のか。

 普段元気で、体格のいい男が倒れると、妙に長引く傾向がございます。私みたいにナヨナヨしてる日本人は、風邪も引かないのであります。日本にいる間は花粉で花粉でひどいことになったけど。

 さて。

 思い切ってパソコンをwindows7にしてみました。

 パッケージには、「ペンティアム4以上のcpu」と書いてありますけど、「ペンティアムMの1.73Gでもなんとかなるやろ」と大阪弁でつぶやくとうまくいきそうな気がして、ごり押し。

 すんなりセブンがインストールできました。ただ、残念なことにサウンドとビデオグラフィックのドライバが当たらない。パソコンが古すぎるらしいのであります。まぁ何年か前のノートであります。もともとXpのプロフェッショナルが入っていたのですが、そもそもXpというOSが、賢すぎるのであります。なんでも知ってる。

 更に。

 あれ?

 ちゃんとイーサネットのドライバは当たってるのに、なぜだかインターネットにつながらない。大学の管理センターまではつながるのだけど、そこから先、インターネット回線にたどり着かない。

 冗談じゃない成績管理システムはその先にあるのだから、生徒の成績一覧の提出もできないぞ、とあせる私は、配偶者が使っていたUSBスティックの無線LANに頼ることにいたしました。

 とうに期限の切れたスティックをもって一番近くの店に行き、「これと同じものをくださいな。」

 すると、その製品の看板のあがっているお店なのに、「これは何ですか?」

 「何って、無線LANUSBスティックだよ。メーカーの看板あなたの店にあがってるじゃん」

 「USBメモリじゃないの?」

 「似てるけど違う」

 「うちにはありません。服装城に行けばあります」

 「服装城ねぇ」

 礼を言ってお店を出て、バスに乗りながら考えました。服装城はたしかにバスで3停留所ほどの近くであります。土日になるとわんさか人の集まる買い物スポットであります。ハルピンも春になりましたから、路上にはお乞食さんがいっぱい。それを横目にWIFIスティックのお店を探すのが良いか悪いか。それに、中国の人が「あります」と教えてくれても、「ない」場合はけっこう多い。店はしょっちゅう移転するし、品切れということも多い。一度は、鉄道の切符を売る店に鉄道の切符が品切れだったことがあります。理由は、「切符を印刷する紙がなくなった」というとってもわかりやすい理由でありました。

 68番のバスで30分の、ハルピン師範大学まで行くことにしました。そこに配偶者がこのスティックを買ったお店があるからです。なんでかいつもこのバスはぎゅうぎゅう詰め、でもけっこう大切な用件で数通のメールをすぐに打たないといけない私は、「対不起」と「不好意思」を連発しながら、若い乗客の間でゆらゆら。

 目指すお店に目指す品物はありました。店員さんの説明では、「300元で6ヶ月使えます。ただこれを持って黒龍江省以外に出ると、その間は倍のスピードで時間が進むと思ってください。」ん? ということは、全部を黒龍江省以外で使うと3ヶ月でなくなるということ?

 店員さんは「速度は10メガ」と言いましたが、アパートに帰って実際に使ってみるととてもとてもそんな速度じゃありません。その半分も出ていないと思います。でも動画のダウンロードをするわけじゃないので(そもそもビデオグラフィックとサウンドのドライバは当たっていない)平気であります。

 今、慌ててXpから7へ、8へとOSの更新をされている方がいると思います。幸運を祈ります。

« 「昨日まで傀儡だったが今は自分の脳みそでしゃべってるぞ」という嘘 | トップページ | 武漢から絵が届く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先生の IBM の写真が私の ThinkPad T42 そっくりだったので、ちょっと嬉しくなりました。XP のサポートが切れたあとはこれに Ubuntu を入れようかと思っていましたが、Win7 も選択肢になるのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/59376421

この記事へのトラックバック一覧です: 古いIBMのノートに無理やりwindows7をインストールしてみたら:

« 「昨日まで傀儡だったが今は自分の脳みそでしゃべってるぞ」という嘘 | トップページ | 武漢から絵が届く »