« 減り続ける屋台、増え続けるショッピングモールと信号。 | トップページ | 驢馬の肉を売るお店の前ですってんころりん »

2014年2月18日 (火)

猿間湊さまへのお礼から……技術流出について考える

 猿間湊様お久しぶりです、コメントありがとうございます。記事はこうやって書けるものの、コメントとなると、自分のブログにすら書き込むことができず、御礼を申し上げようとするとこのように日記にするしかありません。私の操作の間違いなのか回線に何か規制が掛かっているのか、謎であります。

 おっしゃる通り、安い労働力を求めたがゆえの技術流出……。私はもうすぐ退出する(もう、している?)人間ですが、若い人のこれからの戦略は? 個々に立ててはいるのだろうか、と心配になります。

 おせっかいはいつも自戒せねばいけませんが。……何しろ今年の誕生日がきたら63歳であります。

 北海道増毛に住み、当地の人にこよなく信頼されるエンジニアのある賢人は、中国製の除雪機を分解してみてその部品点数の少なさ、それでいて11つの部品の精度の高さ、設計姿勢の的確さに、将来の日本製は大丈夫か、と危惧されていらっしゃいますが、たしかに、「中国製は安いことは安いけど精度は日本の敵じゃないだろう」という評価にいつまでも安住できることは絶対にない、と私も思います。

 ただ、中国の労働単価は急速に上がっており、(それにつれて外食とか家賃とか、何もかもが上がる)これまでのように「日本にとって安い労働力市場」かというとそれは疑問です。家はすでに日本より高く、車とガソリンは日本と全く同じ価格です。(日本で言うところのコロナプレミオくらいの乗用車=20万元=340万円)私はたった1年半しか中国におりませんが、同じ「30元」で買える野菜の量ははじめと今で、全然違います。米は5キロ40元で同じですが(680円)時間の問題でしょう。

 早晩、100円ショップも仕入先を中国から別の国にシフトしないといけなくなるでしょう。もちろんダイソーはそんなこととっくに対策済みでしょうが。

 いずれにしてもこれからのことはわかりません。少なくとも私に分かるのは、12千万がそれなりの流動資産を持ち(購買力を持ち)日本国内で完結していられた幸福(?)な時期は終わった、ということです。「景気さえ良くなれば」という人もいなくなりました。日本の国の全体の「景気」と自分の生きやすさ、生きにくさが連動しない、ということに多くの人が気づいたからだと思います。それは非常に健康的だと思います。そして若い人の中には自らの労働力を海外で売ろうとする人がどんどん増えます。あるいは、☆記の3級とかいうような簡単に取れる資格じゃなくちゃんと個人の戦略に合致する公認資格とは? と考える人が出てきます。

 もう十年以上前になりますが、アイルランドを2週間ほど旅した時のことを思い出します。ある種の外食産業、ある種の業種には、アイルランド人は一人も従事していませんでした。それらは、アジア人のための労働市場だったのです。あるとき私は、懐かしさのあまり一人の働く女性に向かい「日本の方ですよね?!」と声を掛けました。彼女は、ちら、と私を見ましたが、完璧に無視しました。あぁそういうことか、と気づいた私は、重ねて問いかけることをしませんでした。

 いつでも、どこにでも、チャンスはあります。ただ最低限の条件はあり、ドメスティックに引きこもらない、ということだと思います。この間の、東京都知事選の投票率は、何%ですか? それは何を物語っているのですか? あなたの、個人の戦略はなんですか? そういう問いを、自分自身に向けるということだと思います。

 あれ?

 結局、「お節介」に……。

« 減り続ける屋台、増え続けるショッピングモールと信号。 | トップページ | 驢馬の肉を売るお店の前ですってんころりん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/59156960

この記事へのトラックバック一覧です: 猿間湊さまへのお礼から……技術流出について考える:

« 減り続ける屋台、増え続けるショッピングモールと信号。 | トップページ | 驢馬の肉を売るお店の前ですってんころりん »