« 和服を着たい、とあなたは言う | トップページ | マララ・ユスフザイさんの言葉を聴きながら »

2014年1月 9日 (木)

ワタシがワタシであって何が悪い、と中国の堀北真希は言う

 日本人の精神構造を「恥」の感覚から分析したのはルース・ベネディクトですが、たしかに女史がおっしゃるとおり、日本人は『恥』の概念をごく小さな子どもの頃から教え込まれ、行動様式の美質の、その原点について感覚を研ぎ澄まし、生きるようなのであります。

 ワタシがワタシであることを外面に出す、それがすでにもう『恥』であります。女史は豊富な用例をひいて、そのことを説明しておられます。

 『箸』を用いて食事をする民族は日本、韓国、中国、ベトナム、タイ……いっぱいあると思うのですが、親から「先端から一寸、それ以上は口の中に入れるな」と教わるのはたぶん日本の子どもだけでありましょう。箸は、ごくごく先だけしか使ってはいけない、一寸より上を濡らしてはいけない。理由はもちろん、箸というものがワタシの体内と体外を行き来するものだからであります。箸を濡らしている唾液は『私自身』であります。そんなものはできるだけ、目の前の人に見せないほうがよい。たとえ家族でも、です。

 日本人が、特に女性が、お互いを名前で呼び合うようになったのはいつか、私は大変に興味があります。少なくとも室町時代あたりまでは、女性を決して実名で呼んではいけない。横田秀哉(字、あってるかな)という優れた国文学者は、「名前を呼ぶとその人に災いが降りかかるという信仰がかつてあった」とおっしゃるのですが、(小野小町伝記研究)私は、それはなんのことはない、名前という『その人の大事な一部』があらわになることを忌避した時代があったということだろうと、思っております。

 平安時代中期の『本朝三美人』に、蜻蛉日記というシリアスだがどこかコミカルな文学作品を残した女性がいますが、彼女は未婚のとき『藤原倫寧の娘』と呼ばれた。結婚して『藤原兼家の妻』となった。そして息子を産んで『右大将道綱の母』となった。この人にももちろん本名はあったが、それを呼ばないのが礼儀であったのです。小野小町も清少納言も紫式部も本名ではない。清少納言には清原諾子という実名が、紫式部には藤原高子という実名があったが、そんなものいかなる文学作品にも残されていない。彼女らは結局少納言や式部といった近親者の官職名をあらわす『普通名詞』で呼ばれ、固有名詞では呼ばれず記録さえされなかった。

 こうしゃべると、「めんどうくさい時代だったのねぇ。私はぜんぜん平気」とおっしゃったのは日本の、北海道の女子高校生だった。そうだろうか? 私は、あなたが本名をそれもフルネームで呼ばれる時には決まってゆうつそうな鬱陶しそうな顔で返答し、単なる調理器具の名前からとった完全に普通名詞である愛称で呼ばれるときは元気よく「なぁに?」と返事することを知っている。

 あなたは笑うときハンカチで口を隠す。誰かの面前であくびをして口の中をさらけ出したりしない。それどころか、彼氏とデート中「ぐう」というお腹の鳴る音を聞かれてしまい、本気で「別れようか」と思った、そのように述懐したのはあなた自身ではないか。あなたの中にも、自分自身を外面にさらすことを全力で防止する平安時代の女性の感性が息づいている。

 ひるがえって、中国。

 授業中、「先生トイレへ行ってきます」と、授業中席を立つ生徒がいる。それが嘘でないことを示すためだろう、手にはトイレットペーパーが握られている。まれには、もっと極端なものが持たれていることがある。たぶん日本人はそんなことを絶対にしないだろうと思う。バスの窓から、あるいは歩きながら路上に、タンを吐く中国人が多いのは本当であります。地下鉄の車内では決してそんなことしないが、路上を歩きながらタンを吐くのは無礼でも不衛生でもなんでもない中国人の普通であります。逆に、「日本人は絶対にタンを吐かないですがいったいどうしてるんですか」と聞かれ、「ティッシュにくるんでポケットに入れ、家に帰ってからゴミ箱に捨てるんだ」と答えたところ、「えっ、不潔じゃないですかぁ」と仰天された。

 中国の食堂で食事をしてると、日本で言うと堀北真希や(字、あってるかな)みたいなたいへんな美人が、さかんに「ぺっ、ぺっ」と魚や鶏の骨をテーブル上に吐き出しながら食事をしている。笑うときには喉の奥まで見せてしっかりと笑う。そこにあなたという人格の深部がある、その、唾液に濡れた骨を見ている私の中に、ベネディクトが生涯の日本研究のテーマとした、ある感覚が立ち上がる。しかし目の前の堀北真希の中には、それは、ない。

 考えてみれば不思議であります。

« 和服を着たい、とあなたは言う | トップページ | マララ・ユスフザイさんの言葉を聴きながら »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/58911928

この記事へのトラックバック一覧です: ワタシがワタシであって何が悪い、と中国の堀北真希は言う:

« 和服を着たい、とあなたは言う | トップページ | マララ・ユスフザイさんの言葉を聴きながら »