« 話を「したがる」人は異性にもてない | トップページ | 中国の脅威は「若者」だ、空母や戦闘機ではない »

2013年12月18日 (水)

水に落ちた犬を叩くのは楽しい、そしてむなしい

 水に落ちた犬を叩くのは本当に楽しいものです。

 もちろん、このたびの兵庫県の議員先生の失態であります。

 女性は金で買うもの、と言いながら示したのが1万円札で、それってインドを旅行するちょっと気の利いたアメリカの金持ちが喜捨要求者にあげる金額じゃん、とか、周囲の議員連中がこの男を一生懸命かばうのが醜悪、とかいろんな感想を持つわけですけど、二千年前になくなった、まもなくお誕生日をお迎えになる中東生まれの賢者も、「水に落ちた犬を叩くな」という意味のことをおっしゃっています。言うまでもなく、「汝らのうち、罪なき者この女を石もて打て」であります。お前にだっていくらかは思い当たる節があるだろう、というわけです。

 でも議員というのも本当にいろいろです。日々の生活において財布の残りを計算しないといけないような生活をなさっていてそれでも市民から「スズメバチが巣を作ったのよ」と言われると日曜日なのに、午前5時なのに、ヘルメットと長い棒を持って自転車でその農家に駆けつけちゃう、そういう「議員」もいます。生活に困った人がいるとどんどん家に上げて飯まで食わせ時には泊まらせ、そのために夫婦でケンカがたえない、という立派な「議員」もいます。そういう人が「女性は金で買うもの」ということは決してないだろう。

 女性は金で買うもの、と言いながら酒の勢いを借りて抱きついちゃうという失態も「議員」のものなら、保護観察を受けた少年をずっと私費でフォローする、ドブ板の割れたのまで私費で修理する、そのためにいつも貧乏、という人も「議員」です。陳情に訪れた私を、名前も所属も知らないくせに「近頃の高校教師はなんだぁっ!」と怒鳴りつけるのも「議員」なら、学童保育所の卓球台が壊れているというといそいそと「早いほうがいいから」と自分で直し、あとは子どもたちの卓球をニコニコ笑ってみているという市会議員も、「議員」です。

 人間性をとやかく言ってもしかたがない。この兵庫県の大先生も、次回の選挙ではきっと立候補して、「そんなことありましたっけ」然として選挙運動をし、そしてきっと当選しちゃうのでしょう。この議員先生も、酔って女性に抱きつく失態は演じるその一方で、しっかりと国費を地元と有権者のためにぶん捕って、利益を誘導するそれこそ「政治」力を持っていらっしゃるのでしょう。だからこそ自民党はこの議員さんをかばうのでしょう。

 まだまだ平和で豊かな日本、万歳、と私は遠いハルピンで、力なく両手を肩の上に上げるのであります。

« 話を「したがる」人は異性にもてない | トップページ | 中国の脅威は「若者」だ、空母や戦闘機ではない »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/58778555

この記事へのトラックバック一覧です: 水に落ちた犬を叩くのは楽しい、そしてむなしい:

« 話を「したがる」人は異性にもてない | トップページ | 中国の脅威は「若者」だ、空母や戦闘機ではない »