« 気にしてもしようがない汚染の話 | トップページ | バイデンだろうがオバマだろうが中国に強いことなんかいえないでしょ »

2013年12月 5日 (木)

黒龍江大学から日本人留学生来訪、交流

 近くの黒龍江大学の(わが黒龍江東方学院からバスで15分)日本人留学生が交流にやってきました。

 早くからハルピン日本人会、日本人教師会とつながりを深めていた本学の日本人外教、M先生が招いたのであります。

 さすがであります。ふだんであればそれほど日本語を使おうとしない2年生が、日本からやってきている自分達と同世代の日本人と見るや、争って日本語で(当然まちがいもあるわけだが)質問を浴びせかけ、情報を引き出し、もちろんまた自らを語る。

 あっというまに、分厚い人の輪ができ、お互いに対する健全な好奇心の発露となったのでありました。

 一つの若者の光景として、すばらしいのでありました。互いに抱きあう好奇心をベースにあっというまに友達になり、今日出会ったばかりの人たちとはとても思えない和やかな会話が、なされるのであります。

 う~む、ひそかにこういう人脈をつちかっていたとは、M先生、すごい。

 それは2年生の教室でのできごとでありましたが、3年生はなんと6名が、来年3月終わりから日本へ渡ります。奈良に3名、新潟に3名であります。

 中日の関係はいつか必ず好転する、という展望のもと、大学4年間の最後の1年を日本で送ることを選んだ彼ら彼女らの成果を、心から期待します。

« 気にしてもしようがない汚染の話 | トップページ | バイデンだろうがオバマだろうが中国に強いことなんかいえないでしょ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/58702867

この記事へのトラックバック一覧です: 黒龍江大学から日本人留学生来訪、交流:

« 気にしてもしようがない汚染の話 | トップページ | バイデンだろうがオバマだろうが中国に強いことなんかいえないでしょ »