« 値引き交渉してもらって392元の靴……私にしては高い買い物 | トップページ | いわた書店社長さんのラジオ放送を聴いて考えたこと »

2013年12月 2日 (月)

世界中で起きている戦争のうち、7割をなくすには

 私は、荒唐無稽な脳みそで荒唐無稽なことばかりを考えてきた人間ですから、何かに「疑問」を持つにしても、それは荒唐無稽な疑問に決まっている。

 その疑問はここ数年(というかここ20年)二つに、絞られております。

 (1)アメリカは、そうしようと思えばできたかもしれないのに、なんで1860年の昔、日本が独立国であり続けることを許したのか。江戸幕府に対し、実質的な武装解除と開国を迫るとき、ハワイに対してしたように、後にはアラスカに対してしたように、アメリカの州の1つとすることだって検討したはずだ。結果的に捕鯨船の補給基地としただけで満足したのは、それはどうしてか。経過をたどるなら、判断のミスだった。なにしろそれからたったの80年、この国はアメリカに対して、こともあろうに戦争を仕掛けるのだから。

 (2)1990年代に欧州共通通貨「ユーロ」が誕生する。私は、クリントンのアメリカはさてどんな『報復を』と、考えた。結果、どのような報復も行わない。ユーロはアメリカの、というか基軸通貨ドルの妨害を受けず、立派に共通通貨としての役割を果たし始めた。しかしのち、ペルシャ湾岸にある某国が、これからは原油の取引はドルだけじゃなくユーロでも行う、と宣言したとき、アメリカは絶対に許さなかった。数々の謀略でもってサダム・フセインはその権威も命も闇に葬られることになった。

 クリントンとブッシュの政治姿勢に整合性がないということか? 共にアメリカだろう。

 このことについて考えると、アメリカという国は全くわからなくなる。アルカイダ(という組織が本当にあると仮定して)とビンラディンを育てたり叩き潰したり、イスラエルを庇護したかと思うと放り出したり、キッシンジャーと田中角栄はほぼ同じ時期に中国に出かけているのに、角栄のほうはのちにアメリカが画策した謀略により刑事被告人とされたり、(ロッキード社の5億、あの5億って金額はそもそもなんだ? のちに東京府中で起こった現金強奪事件のことを考えると、冗談そのものの数字じゃないか)本当にわからない。

 ケネディの死も911もボストンのテロも、名前忘れたけど現在モスクワにいる男のやった正義の告発も本当にもうわからなくて、わかるのはアメリカが多少なりともかかわる事件で(ということは世界で起こるすべての事件で)メディアが「こいつが悪い、こいつが悪い」というとき、そこにはアメリカという国の暗部が影響しているということだ。

 一国の政治体制をどうするか、ということについても、そうだ。

 巨大基地の帰趨を議論するとき、いやしくも一国の首相が、根拠もなしに「最低でも県外」なんて具体的かつ希望的なことを言えるわけがない。アメリカがいったん『了承』し、マスコミで報道されてから、かの男に「え? そんなこと言ったか?」と『とぼけた』あるいは『翻した』もしくは『はめた』に決まっている。アメリカはそういうことを数限りなくやってきた。東京都知事の(当時)尖閣国有化発言だって、ありゃアメリカが言わせたんですよ、と言う人はおおぜいいる。こともあろうに、中国人の中にだって、そういう人がいる。意外なようだけど考えてみれば当然だ。誰が一番得をしたか考えれば答えは出る。

 でも、荒唐無稽な脳みそを持つ私の頭の中に、『希望』だってある。荒唐無稽な希望かもしれないが、理路整然とした絶望とどっちがいいか、と考えると私の場合は明らかだ。私の場合は、ね。

 ロシアと日本が原油の共同開発に合意している。ロシアは、地球上の原油の4分の1を埋蔵しているという。かつてのアメリカなら、全力でこれを妨害したと思う。しかし今のところかのプーチンが「やっぱりや~んぴ」という気遣いがない。それがないということはアメリカが黙認しているということだ。そうなると、こと原油に関する限り、尖閣は必要なのだろうか? という疑問もわく。

 かつて、東アジアで共通通貨を構築できないか、ということが話し合われたとき、(誰と誰が話し合ったかって? 私と、赤平市錦町のソバ屋の親父さんですよ、決まってるでしょ)円、元、ルーブル、ウォン、ルピア、ドン、バーツの中で主導権を握れるのはどの通貨か、というはなはだ愉快な会話となった。今、私と同じくらい荒唐無稽な脳みその人がいたとして、そして「そりゃもう終わった話」とも言わないで21世紀のまじめな構想として語った時、どうなるだろう? 消去法で行くと元と円しかない。ちなみに中国人は日本円のことを、「日元」というぜ。「元」は「ユアン」と発音するから、聞き様によっては「円」でもあったりする。

 はなはだ愉快だ。

 ユーロの時と違って、アメリカは怒り狂うか?

 違う。「震え上がる」。

 世界で1番たくさんアメリカに金を貸している国と2番目にたくさん貸している国が、手を握り、少なくとも域内の通商においてはこの地域通貨を使おう、と提案したら。

 ……少なくとも世界の戦争の7割は、消えてなくなるぜ。ざまーみろ。

 良かった、自分の脳みそが荒唐無稽で。

« 値引き交渉してもらって392元の靴……私にしては高い買い物 | トップページ | いわた書店社長さんのラジオ放送を聴いて考えたこと »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/58683690

この記事へのトラックバック一覧です: 世界中で起きている戦争のうち、7割をなくすには:

« 値引き交渉してもらって392元の靴……私にしては高い買い物 | トップページ | いわた書店社長さんのラジオ放送を聴いて考えたこと »