« シャコを、シャコを、シャコを、20尾も皿に盛るんじゃねぇ!!!! | トップページ | 沈む船から飛び降りる時 »

2013年11月 4日 (月)

礼儀を守るには礼儀を守る「実力」が必要

 クラス26名と通訳さん合計27名全員にカレーを振舞う、という計画を立てたのはすでに1ヶ月以上前。

 それは「中間考査後」と約束したので、本当に中間考査翌日から連日3日、昼、夜、昼、夜、昼、と、最小で5名最大で7名が来ることになりました。

 あるグループは、カレーを食わせるつもりだったのに大量の食材を持ち込んで我が家の台所でなんと黒龍江省の名物料理地三鮮(ディーサンシェン)を作り始め、ありゃりゃと思いましたが、カレーもしっかり食べてくれたのでした。スイファ出身の男子が1人で作った地三鮮のおいしかったこと。

 中国人は非常に礼儀正しく、また仮に7人が訪問したとしても役割分担はしっかり決まっており、買出し、調理、皿洗い、台所の清掃、居間の掃除、と帰る前にものすごく入念にやってくれます。彼らが来た後はその前より必ず綺麗になります。

 で、そのすばらしい胃袋!

 ご飯は7人分を炊く釜なんてないので何日かかけて3合ずつフライパン(!)で炊きそれをボール状に丸めてラップにくるみ(残念ながら日本のラップより質が悪い)冷凍してあるのですが、電子レンジで14分過熱、「あちち、あちち」と言いつつ取り出して「ほら、ラップ剥いて頂戴」と生徒に渡すのですが、生徒はどうも、そのライスボール1個が1人前だと誤解しているようです。

 冗談じゃありません、3号の米を炊いてそれを3つに分けて冷凍してあるのですから正確に1合です。そんなのが1人前であるわけがない。でも当たり前のようにそれを1枚の皿に載せ、ほぐしてカレーをかけて、更にそれをお代わりしちゃおうという胃袋を所有しています。

 もちろん、中国の礼儀はあると思います。招くほうはいっぱい提供する、招かれたほうはいっぱい食べる、それが礼儀であります。しかしそれにしてもすごい。

 礼儀を守れる胃袋を持っているのがすごい。

 日本には、「こんだけ食べられたらタダ」という企画を持っている食堂がいくつかありますが、いちど彼らを連れて行ってみたいもんであります。お店がつぶれるかもしれない。2合の米飯にジャガイモを載せカレーをこれでもかとかけて3分で食べる様子を見ていると私の視界から現実感が失われます。

 とか何とか言いながら、すでに27人中24人と昼食会を終えました。さすがに疲れました。考えてみるとここ数日、カレーを作り煮込むことしかしていないような気がする。ご飯は途中でこれじゃ完全に足りない、それも必要量の半分もないとわかったので、来る日も来る日も3合ずつ炊き続けました。

 明日は730分から授業。

 まずは、楽しかった昼食会を振り返り(あと3人いるが)一番言わないといけないことは、「日本語をもっと使え」ということであります。

« シャコを、シャコを、シャコを、20尾も皿に盛るんじゃねぇ!!!! | トップページ | 沈む船から飛び降りる時 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/58511252

この記事へのトラックバック一覧です: 礼儀を守るには礼儀を守る「実力」が必要:

« シャコを、シャコを、シャコを、20尾も皿に盛るんじゃねぇ!!!! | トップページ | 沈む船から飛び降りる時 »