« 貧乏な日本語教師やっぱりストラディバリ(笑)を買う | トップページ | 中秋節休暇終了 »

2013年9月20日 (金)

akitomyさんへコメントお礼……中国の若者の「純真」について

 Akitomy様お立ち寄り並びにコメントありがとうございます。このブログにコメントをくださる方は本当にすくなく(メールをくださる方は複数いらっしゃいますが)本当に嬉しい限りであります。

厳俊青年のこと、本当におっしゃる通りです。感謝すべき。1人の日本人としてもそうだし、中国の大学生のことを考えても、感謝するのが当然という気がします。彼は、「大人だったら助けるのは当たり前」と言っているけど(もちろんそれはそうなのですが)。

中国にいると、日本と中国の関係のことが本当に気になります。昨年の今の時期は最悪で、「大学の構内から10月中旬までは出ないでください」と言われてたんですから。それに、ずいぶん減ったとはいえかなりの数の若者が日本語の勉強を希望しており、その文化交流、人的交流という面からも仲良くなる方がいいのであります。本気で「日本で就職を」と考える若者は今なお少なくありません。中国国内の日系企業という目標もあります。(実際にそこに到達するのは一部の成績優勝者ですが)

 学生たちの将来希望を聞いている、関係の改善が切に望まれます。

関係を悪くしている人は中国人の中にもいます。いつも「頭悪いなぁ。ちゃんと中国のこと考えたら……」と、思います。タクシーに乗っていて、「今日は雨だから日本人だけ料金は5倍ね」なんて言われると本当に悲しいのです。5倍が悲しいのじゃない。(10元が50元になるだけです。160円が800円になったっていいんですよ。お金じゃない。)この運転手さんの憎悪が悲しいのです。この人の存在が、めぐりめぐって中国の大学で日本語を学ぶ中国人青年の生きる道を狭くしている。もちろん目先の「5倍」の方が大事なのでしょうけど。

でもたぶんakitomyさんは推測されていると思いますが、そんなの少数です。

 世間ずれしていない純真さ、よくわかります。特にお書きのように学校の先生の言うことはとりあえず信じようとします。(それを私がぶち壊しているような)「若手の作家の小説は読むな。金目当てだから」というのですが、実は体制批判だから読ませたくないのです。生徒は孫ルイ(比叡山の叡の字から旁をとったもの)とか韓寒とか眉をひそめて読もうとしません。間違いだと思います。「大人が、読むな、という本こそ読め」と言ったことがあります。

完全に誰かがシナリオを書いているとすぐにわかるはずなのにデモにのせられ五毛党が生まれ……。ご指摘の通り純真だと思います。それで助かっている面もいっぱいあります。私はいっぽうで批判しながらその純真さに毎日よりかかり、下手っぴぃな授業をしております。

 電車の中で席を譲るのはたしかに日本の若い人は苦手のようですね。親のしつけもありますが、「席を譲る」のは「コミュニケーション」そのものであるからという側面はないでしょうか。コミュニケーション不全を生み出したのは私たち大人の責任も大きい。近くのホームレスを助ける方法はわからないが震災被災地への支援には積極的、みたいなところもあります。それも、自分のコミュニケーション不全をカバーする文脈があらかじめできているから、というところもあるような気がします。

 すみません、お礼のつもりが、脈絡なく長々と書き連ねてしまいました。これからもどうぞよろしくお願いします。

« 貧乏な日本語教師やっぱりストラディバリ(笑)を買う | トップページ | 中秋節休暇終了 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/58233305

この記事へのトラックバック一覧です: akitomyさんへコメントお礼……中国の若者の「純真」について:

« 貧乏な日本語教師やっぱりストラディバリ(笑)を買う | トップページ | 中秋節休暇終了 »