« 深川の自動車工場でフェラーリを前に「これ買わない?」と言われること | トップページ | フェラーリに乗るにはフェラーリに乗る「人生」が必要、そしてもう1つ…… »

2013年7月25日 (木)

バイカーでもハンターでもない私

 日本に帰ってきて、毎日忙しく生活しています。

 バイクを売りました。1年のうち1ヶ月しか日本にいないんじゃしようがない。23000キロから39000キロまで走ったバイクで道東と道北をはじめずいぶん楽しませもらったけど、250キロの車重と139馬力のエンジンは62歳に物理的にフィットしない。

 バイク王さんが示した金額を見て、即決。交渉は好きではありません。

 「これからどうするの? 解体して部品として売るの?」と聞くと、「とんでもない」という返事。「修理して次の乗り手を捜して売ります。今回中さんに支払った買取代金のだいたい3倍になります。」

 さんばい? 頭の中で計算しました。1995年式のZX9R、走行は39000キロ以上。多数の転倒傷があり……。3倍じゃとても売れないはず、と思う私。でも金額分の万札は、ありがたく受領。少なくともカウル、リアのスイングアーム、フロントショック、セルモーター(ブラシの交換だけですむだろうか?)、バッテリーとキャブ。以上は交換もしくは修理が間違いなく必要。車検が10ヶ月あるとはいえ……。

 まぁバイク王さんは経済的に損をして私から買い取りする訳じゃないのだから。

 皆様、いつかどこかの店から「ZX9RタイプB、39000キロ」が売りに出されたら金額を教えてください。まさか3倍じゃないと思うけど……。

 そして、次に。

 狩猟免許と猟銃の所持許可を返上、私はハンターではなくなりました。

 浦臼の射撃場ではいつも管理者の方から「それだけ当たれば充分」と褒められていたのですが……。そして、実に11年かけて散弾からライフルまでステップアップしたのでしたが、万が一中国滞在が今後、のびることを想定して、ハンター免許返上。

 これは、バイク以上に考えました。真剣に考えました。

 ライフルの試験に受かるのはそんなに難しくありませんでした。教官の「レチクル内に的が静止してから撃とうと思うな。的は永久に止まらない。止まらなくても撃つんだ。筒先の動線は上から下へ。レチクル中央を的が下から上へ移動する瞬間に引き金を引け」という言葉は鮮明に覚えています。そのアドバイスのおかげで、射撃試験に受かったのでした。でも基本的に「撃つ」のは難しくないと思います。たしかに100m先の的は小さいけど、訓練でどうにかなります。

 難しいのは、11年間、同じ興味を持ち続けることです。これは、少しだけ自慢して良いかと思います。

 でも、返上。予備バレル(実に美しい)をはじめとする部品も(当たり前だ)みんな返上。すっかり軽くなった車で小宮銃砲火薬店をはなれながら、少し、こみあげるものがありました。

 あと、どうしたら……というのが、海技免許(1級、20トン限定、距離無制限)とアマチュア無線の局免許。執行は来年3月。こちらはそんなにお金かからないので更新で良いかと……でも時間はいくらあっても足りません。

« 深川の自動車工場でフェラーリを前に「これ買わない?」と言われること | トップページ | フェラーリに乗るにはフェラーリに乗る「人生」が必要、そしてもう1つ…… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/57860346

この記事へのトラックバック一覧です: バイカーでもハンターでもない私:

« 深川の自動車工場でフェラーリを前に「これ買わない?」と言われること | トップページ | フェラーリに乗るにはフェラーリに乗る「人生」が必要、そしてもう1つ…… »