« 人類の滅亡は近い……中国的恋愛事情 | トップページ | 6月21日すべての授業は終了、テストの採点だけ »

2013年6月21日 (金)

男による男のための食事会

 「先生、☆☆日の夜5時に晩ご飯を作りに行って良いですか?」というメールがS君から届いたが数日前。

 今まで、女子生徒が、あるいは女子生徒が男子生徒を連れて(どういうわけか中国では女子の権力が強い)料理を作りに来てくれるということはありましたが、男子の発案での食事会のメールが届くというのは初めてでありました。

 湖北省の孫君、河北省の李君、遠く福建省の劉君。以上3名、我が家へ到着。

すごい。楽しい食事会になりそう。なにしろ全員男。

基本的には「湖北省出身者ですから魚料理には慣れています」という孫君のリードでオカズ作りが進行しましたが、なるほど、豆腐と鮒の煮付けはとてもおいしいのでありました。あと、豚肉をターメリックの香りの料理に仕立てた料理(一緒に煮たジャガイモもおいしい)、それと生姜をたっぷり使ったキャベツの油炒め。にんじんとタマネギの、とても体に良さそうな煮物。

 孫君は「中国の男はみんな料理します。最近の女性の中には、料理をしない人が増えてきました」と。ううむ、それも一人っ子政策の影響?

 すごい長時間をかけて料理し、すごい長いディナーを楽しんだのですが、結局の所、話題というのは2つなのであります。

 目前に迫った日本留学をどう乗り切るか。

 目前に迫った日本語検定(N1、N2)に向けて、今準備できることはなにか。

 中は、よく中央大街の楽器屋さん「馬林」に行くが、インターネットで購入するのとどっちが良いか?

 つきない話題であります。日本へ短期留学する孫君劉君は、クラスメート全員から、「日本の素敵なグッズをおみやげによろしく」というプレッシャーをかけられています。とても難しい。日本の筆記具なんか全部メイドインチャイナだし、時計もパソコン周辺機器もみんなそうだし。

 日本にはコケシという名称の小さな人形がある、と私は言いました。そして、コケシ、子消しという人形名の由来について聞きかじりのうんちくをたれました。

 なんと、5時半にはじまって10時終了の、とてつもなく楽しい食事会だったのでありました。

 会話のテンポの速い、とてつもなく楽しい食事会となりました。

« 人類の滅亡は近い……中国的恋愛事情 | トップページ | 6月21日すべての授業は終了、テストの採点だけ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/57638683

この記事へのトラックバック一覧です: 男による男のための食事会:

« 人類の滅亡は近い……中国的恋愛事情 | トップページ | 6月21日すべての授業は終了、テストの採点だけ »