« 通りすがりさんのご指摘から色々なことを思い出し、考えること | トップページ | 「偉くなろう」と思うと、きっと私の人生は悲惨なものになっていただろう »

2013年6月 1日 (土)

暴力的でもそれは「コミュニケーション」かもしれない

 福州かもめさん、コメントありがとうございました。これからもどうかお立ち寄りいただきますよう、お願い申し上げます。福州かめもさんの記事は、ご当地の風物や若い人の気質、私の全く知らないQQシステムの機能について、さらには日本国内のニュース、と本当に多彩なのですけど、なぜだか何度コメントしようとしても拒否されてしまいます。ちなみに自分のこのブログに自分で「コメント」することもできません。中国国内の事情ではなく大学内の回線の問題だと思います。したがってお礼は福州かもめさんへの直接のメールか、あるいはこうやって新しく記事を立てるしかありません。

 私には全くわからない『謎』がいくつもあり(東京裁判やユーロ誕生をクリントンが黙認(?)したこと、その他。普通の人にとってはとっくの昔に解決済みだろうと思う)、そのうちの1つが「ロシアの油田は誰がどういう思惑を持ちここまで長く放置されるのか」ということでした。いつかぜひ、福州かもめさんのお考えをうかがってみたいものであります。

 それはそれとして。

 福州かもめさんのお言葉は嬉しいものでありましたが、私は、コミュニケーションというのは多様な形態を取る、と思ってます。脳みそさんのご発言はコミュニケーションかもしれません。少なくとも、「通りすがり」さんももしかしたらそこのところをおっしゃったのかもしれませんが、「来て」全部ではなくても表題か本文の一部を「読む」ことをしないと、立てられないコメントであるからです。

 20年ほど前、私はある人から相談を受けたことがありました。相談者の4歳になる娘さんが、見ず知らずの女の子をいきなり「突き飛ばした」というものです。「この子の中に何があるのだろうか」というのが、相談者の方の心配でした。まことにもっともな心配でありました。

 フェリーボートの上で、同じような年齢の女の子と母親、というペアと知り合ったのだそうです。フェリーの上というのは退屈なものですから、子育ての色んな話題で花が咲いた。するといきなり、相談者のお子さんが、何の前触れもなく正面に立ってにこにこ笑っていた女の子を「つきとばした」。

 私は「そりゃ一種のコミュニケーションでしょう」と申しました。

 なぜですか、とほぼ同時に、お父さんとお母さんが聞きました。「見ず知らずの親子なんですよ」

 「4歳児同士が退屈な船の上で知り合いました。興味がないわけがない、好奇心がないわけがない、話しかけたい、でもそんなに言葉は知らないしそもそも社交についても学んでいない、見ると女の子の服は自分のより高そうで自分のよりかわいい、もしかしたら自分より幸福なのかもしれないという思いが生まれる、大人ならそれを口に出し賞賛するところからコミュニケーションの糸口が開けるんですけど、もちろんそんな訓練は4歳児は受けていない。この子にしかわからない思いがあふれて、結果的に突き飛ばす、という『言葉』になった。」

 「言葉ですか」

 「言葉です」

 私は、「あるいは、女の子の母親は自分の母親よりキレイに見えたのかもしれませんね。あんたのお母さんはあたしのよりキレイだ、くやしい、それって女の子の中の『情報』じゃありませんか。コミュニケーションというのは情報の交換でしょう。」

 彼女のお父さんは、真面目な顔で「自分のよりキレイな母親のいる子を突き飛ばすんなら、この子は生涯にわたって全ての女の子を突き飛ばすことになるのでは」と言いました。横でその奥さんが、赤い顔をしてうつむきました。当たり前ですけどそんなことになるわけがありません。事実はまったく逆で、相談者のこのお子さんは現在20代後半、若い人の「相談に乗る」仕事をしています。その仕事内容はごく立派なもんです。

 そういう次第です。

 福州かもめさんのおっしゃるように、言葉を選ぶべきなのだとは、思います。しかしそのご配慮に深く感謝しながら、私の中には別な思いも、あります。

 突き飛ばすことでしかコミュニケーションできない4歳児の『限界』と、同じ質の物がいま、日本中を覆っています。橋本発言を受けて一斉に動いたメディアの対応の中にもそれは感じるし、ひょっとしたら代議士、政治家、企業のトップ、文部省の官僚、といった、「日本を動かす」人の中にも『限界』がある。言うまでもなくそれを加速したのは、ある意味民主的である意味匿名性の暴力という様相を帯びたインターネットというもの、そのものであります。

 こうやって、問題は「ワタシに返ってくる」のであります。

« 通りすがりさんのご指摘から色々なことを思い出し、考えること | トップページ | 「偉くなろう」と思うと、きっと私の人生は悲惨なものになっていただろう »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

もう閉鎖せなあかんわココ。ふだんから野菜虫級の狭い世間知でなれあいコミュニケーションしかできやんと、あげくどっかの四歳児の名誉を傷つけて平気。あんたがたそのはしたない左巻きスノビズム全開して擬似おとなもどき つうのか。いってることまるっきしドジンやん。それで人間の子供と比較できるレベルとじぶんのことおもちゃってんのん?愚民が日本中おおってるってぇ?愚民は愚民でも海外までまぬけぶりさらしにいくマネしませんでぇ・・・どうせまわりでオシメかえてくれる人もおらんのやろ。実名でなw いまどき誰がそんなん無償でやりまんねんな アホくさ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/57500555

この記事へのトラックバック一覧です: 暴力的でもそれは「コミュニケーション」かもしれない:

« 通りすがりさんのご指摘から色々なことを思い出し、考えること | トップページ | 「偉くなろう」と思うと、きっと私の人生は悲惨なものになっていただろう »