« 友達がいないから孤独なのじゃない、友達がいるから孤独なのだ | トップページ | 日本の企業がロシアと協力して油田開発、というニュース »

2013年5月29日 (水)

運動会、外教は入場行進の練習

 530日、31日は運動会。各クラスごとに順位が付く創作体操(というかほとんどダンス)が見ものらしいです。私が授業に行っている11組は予備コンテストで全学2位をとっています。そのほか、100m走や1600mリレーなんかもあり、かなり本格的なのであります。

 本学の運動会は1年、2年の生徒の参加により行われます。ハルピン市内の別な大学に勤めている私の配偶者様のお話では、広大な陸上競技場を持つハルピン師範大学なんかでは4年生までの参加で執り行われるようす。おおかた、ギャラリーの収容人数の関係でしょう。

 外教に義務づけられているのは初日の早朝の入場行進のみ。それが終わると観戦しても良いしアパートに帰ってもよろしいというありがたい指示。私は63日月曜日に迫った弁論大会の出場者の練習に付き合うことにしました。

 月曜日と本日水曜日、外国語学部の教師は入場行進の練習。

 それぞれのお国ごとのお考えが、よく表れております。

 「練習の時から、支給済みのユニフォームを着てきてください」と言われているのに、着用して月曜日の練習に臨んだのは日本人のみ。他の国の方は誰も着用せず。陸上競技場に入るのにハイヒールという人もいる。

 さすがに大会前日の今日の練習では、20人ほどいる外教はだいたいユニフォームを着ていましたが、それでも着ない人がちらほら。

 他学部の入場の練習を見ていると、教師の集団はもちろん生徒のそれのように動きはそろいませんが、それでも全員中国人という学部はちゃんとそれなりに動きも服装も統一、少なくとも「そろえよう」という意志は感じられるのであります。

 外国語学部、バラバラ。

 上半身は一応支給のポロシャツなのですけど、下半身はミニスカートあり、ジーパンあり、ふつうに授業をするズボンの人あり(私だ)、まず統一とれない。そりゃそうかもしれない、フランス人ロシア人韓国人アメリカ人それに日本人の集団に向かい、「全員これだけのレギュレーションを守ってください」と言って当然返ってくる「なぜ」という問いかけに有効な回答を与えられる人はかなりの存在感ある人でしょう。行進にしても、「音楽に合わせて左足から1、2、1、2、」と言ってそれを実行させるのは無理でしょう。その数え方も、中国人の先導者は、イー、アール、イー、アール、と教えたのにフランス人はアン、ドゥ、アン、ドゥ、と数えるしアメリカ人はレフト、ライト、レフト、ライト、とかけ声をかけるししかも自分の発しているその声に足の動きを一致させようなんて思っていない。ただ声を出しているだけ。

 まぁ、それでいいんでしょう。

 最後までそろわないまま練習は終了し、「じゃぁ明日、745分外教アパート前集合ね」ということになりました。この集合時刻も、きちんと5分前に全員来てる、というのは日本人だけなのです。

 まぁ、それでいいんでしょう。あ、ちなみに中国人は日本人以上に時刻はきっちり守ります。よく生徒と待ち合わせをしますが、滅多に待ったという経験、ありません。随分早くから来て向こうが待ちます。

 外国語学部の外教をまとめる中国人先生は英語、ロシア語、韓国語を非常にたくみにあやつって指示します。日本語なんて使ってくれない。その、必要がないのでしょう。

 少しくやしい。

« 友達がいないから孤独なのじゃない、友達がいるから孤独なのだ | トップページ | 日本の企業がロシアと協力して油田開発、というニュース »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/57484663

この記事へのトラックバック一覧です: 運動会、外教は入場行進の練習:

« 友達がいないから孤独なのじゃない、友達がいるから孤独なのだ | トップページ | 日本の企業がロシアと協力して油田開発、というニュース »