« 人生の終末期を中国文学翻訳者として生きる | トップページ | いざ、黒河へ(その1) »

2013年5月25日 (土)

福州かめもさんへ心より感謝をこめて

 私の、偏りきった知識では、いろんな記事を読み解くことはできない。

 中国で暮らしている中で出会う様々な不思議を読み解くことはできない。無理に偏狭な知識でそれをしようと思うと、必ず間違いをしでかす。生まれた間違いは別な間違いを生み出し、……結果的に私はどんどんと偏狭な人間になる。

 「私達の父母の世代の労働の成果がアメリカに流れてそこで消滅した(?)のはなぜか」という私の疑問(というか不満)の蒙を啓く、重要な指摘を受けました。「それは乱暴な考えなのでは」という福州かもめ様の指摘はその通りと反省し、もう少し柔軟に色々なことについて考えてみようと、思ったのでした。

 近日中に整理して、またアップロードしてみたいと思います。またご指摘願えれば幸いです。

 黒竜江東方学院の校地内を、ものすごい量の「綿毛」が飛んでいます。何かの花の種? と思うのですけどよくわかりません。窓が開けられません。先輩日本人先生の花粉症が、一気に悪くなりました。どういうわけか私の鼻にはなんの影響もありません。そういえば中国人の学生で鼻をぐしゅぐしゅ言わせているのもいないようです。

 日本人の鼻にのみ作用する花粉?

« 人生の終末期を中国文学翻訳者として生きる | トップページ | いざ、黒河へ(その1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/57454509

この記事へのトラックバック一覧です: 福州かめもさんへ心より感謝をこめて:

« 人生の終末期を中国文学翻訳者として生きる | トップページ | いざ、黒河へ(その1) »