« 中国的恋愛事情その1 | トップページ | 小学4年生の教科書にある明確な間違いが気になってしようがない »

2013年4月 7日 (日)

中国的恋愛事情その2

 中国の大学生は日本の若い人みたいに自分の恋愛の事実を隠さないし、むしろすすんで「つきあっている」「別れた」という情報を仲間内で交換し合う、という話でありました。

 基本的に恋愛はそっとするべきものである、古今和歌集じゃないけど秘するものである、と考えてきた私には、ついてゆけないところがございます。

 しかし、失恋の痛みを記述した作文に接すると、それが日本語を習いたての1年生によるものであり言葉の選び方つなげ方がたどたどしいだけ、むしろ胸打たれるものがあったりします。

 朝から、寝るです。私はぽかんとしています、目が痛いです、外へ出よう気無です、今何も食べたくないです、学校は私の家からかなり遠いです……。

 この人は何を書いているのだろうと思いながら読み進むと、とつぜん、☆☆さんは私と別れたいでしょう、昔は、☆☆さんは毎日寝る前に私に電話をかけます、☆☆さんには、もうなんにちも電話をかけません、初めて人が好きになりましたこうなるとは思いませんでした、という文章が続き、この人は作文に恋の終わりを描こうとしたのだ、とわかります。

 習った言葉、覚えた表現で近日中のことを表現してみよう、というのが授業の眼目でしたから失恋のことを書いたっていいのですけど、彼女にとっては読むのが日本人外教であろうが誰であろうが秘するべきプライベートな事柄でもないのでしょう。

 私はしかたなく、ひとつの恋が終わっても明るく前進しようとするあなたを応援します、とコメントしました。なぜか文法的な間違いの指摘は次でいいや、と考えている私がいました。

« 中国的恋愛事情その1 | トップページ | 小学4年生の教科書にある明確な間違いが気になってしようがない »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/57123453

この記事へのトラックバック一覧です: 中国的恋愛事情その2:

« 中国的恋愛事情その1 | トップページ | 小学4年生の教科書にある明確な間違いが気になってしようがない »