« 中国暮らし半年が経過、調子に乗ると危ない、セーブの時期 | トップページ | 汽車で10時間のところでオーロラ? 徒歩15分の食堂に天下の美味? »

2013年3月22日 (金)

この国に何が起こっているのかたしかに知りません、知らないから来ました

 プロメテウス様、お立ち寄り&コメント、ありがとうございました。色々と自分の状況を振り返り、反省するよい機会となりました。

 脳内がどよよーんとしているのはその通りであろうと思います。昨日の自分の考え方、態度が本日のそれと整合しない、しかもその間の変節に合理的な理由が見つからないとき、私は混乱とともに自分の「どよよーん」を自覚することになります。その理由は私の持病である散漫以外に何かあるのだろうかと考えますが更にはっきりいたしません。

 私は今でも傲慢な人間ですが十代は更に傲慢でした。今以上に尊大でした。60歳のオジンを見て、動脈硬化のよぼよぼの年寄りが、何を気持ちよさそうに囀ってるんだか、と日記に書いた事もあります。自分がその60歳の、わけのわからないことを囀り続ける年寄りになって、十代の日記の原点に立ち返り反省も出来ないありさまです。スノビズム全開がその理由なのかと思いますが、ものを知らない人間が何かをしゃべると、必ずそれはスノッブに見えます。ことに私のように何かを書こうとするとそもそも漢字が出てこないから辞書を引く、自分が言おうとしていることが何なのかわからないからインターネットの助けを借りる、そして自分のオリジナルのように見せかける、という態度にいたっては何をかいわんやです。私が、海辺のカフカのナカタ老人に切なくあこがれるのはそのせいであります。

 (実は教室ではナカタ老人のようにしゃべろうと心がけています。できませんけど)

 プロメテウス様が御指摘のことは、全部がその通りであろうと思います。私はエピメテウス、と言いたい所ですが、あとになっても考えない、考えることが必要であることにも思い至らないで、61年を生きてきたし、これからも生きていくのでありましょう。私は開き直っているのではありません、と書こうとしてまた間違いに気づきました。私は開き直っているのです。

 この国に何が起こっているのか知らないで来たというのも、恥ずかしながらその通りです。何が起こっているか知らないから、来たのです。そしてついでですが、私は日本で起こっていることを知りません。起こっていることを『認めない』のではなく、知らないのです。自分のごくごく身近に起こっていることについて、知りません。その理由について、更に知りません。知らないから、私は20147月の帰国に希望をもてるしそれまでの中国滞在にも希望が持てます。オバマの脳内にあることを、アベがホットラインでしゃべっていることを、私が正確に知ったら決して立ち直れない絶望に、気弱くたちすくむばかりだと思うのです。中国で進行していることについても全く何も知りません。知るべきだろうとは思います。明らかに『知らせない』勢力があることについては承知しております。しかしそれを『知る』方法はじつはない、ということについても、ぼんやりと気づいております。

 ロバが旅に出たところで馬になって帰ってくるわけじゃない、という科白がありますが、私はロバより賢い動物にはまさかなれません。(河北名物のロバ肉の燻製は食べますが)馬になろうと思って旅に出たわけではありません。そもそも生まれて60年たつと、賢い人と脳たりんと両方の人種がいることには気づくし、さて64億の人間をも全部ひっくるめてこの『地球』に迷惑をかけないのはどちらか、ということにも、気づくものであります。

 ただのお礼のつもりが、長々とした文章になりました。お許しください。そしてこれからも、お立ち寄りいただき、貴重なプロメテウス様の御意見をたまわりますよう、お願い申し上げます。

黒龍江東方学院

外国語学部 外教 中寛信

« 中国暮らし半年が経過、調子に乗ると危ない、セーブの時期 | トップページ | 汽車で10時間のところでオーロラ? 徒歩15分の食堂に天下の美味? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/57007450

この記事へのトラックバック一覧です: この国に何が起こっているのかたしかに知りません、知らないから来ました:

« 中国暮らし半年が経過、調子に乗ると危ない、セーブの時期 | トップページ | 汽車で10時間のところでオーロラ? 徒歩15分の食堂に天下の美味? »