« 春になると市場は活気づき1分間日本語スピーチも始まり | トップページ | 中国で食べ物の味をほめるということは »

2013年3月13日 (水)

中国大陸は広い、ものすごく広い

 中国で暮らしていて文句、というのでは決してないのですが、ついてゆけないな、かなわねぇな、とつい思ってしまうのは『直前主義』です。

 明日会議があります、という風に連絡があります。明日? 多くの日本人の先生は、生徒との食事の約束や補習、買い物の約束などを抱えてますから(中国の大学では生徒と先生の関係が密。私にだってボディーガードも書籍購入係りも通訳さんもいる)それらをキャンセルして、『明日の会議』に備えます。ところが夜になって、「明日の会議はなくなりました」という連絡が入ります。大急ぎで生徒にメールを出し、「やっぱり明日の行動はもともとの予定通りで」と告げます。生徒からは「かまいませんよ、1145分先生のアパート前ですね」という返信があります。優しいのです。

 実のところ、その会議があるかどうかは、本当の直前までわかりません。朝になってから「やっぱりやりましょう」となる可能性もおおいにあります。

 今週は急に忙しくなりました。教務係りの先生から「2月末から7月の学年末考査までの授業の予定を週ごとに書いてください」といわれたためです。

 週ごとに?

 私の場合は、2教科でそれをやることになります。

 「いつまでに出さないといけませんか?」と私は質問します。

 返事は、「金曜日です」

 いつの?

 中国の直前主義はそのくらいスリリングです。

 授業は228日から始まりましたが、時間割がわかったのは227日の夜の7時でした。

 文句を言っているのではありません。

 中国大陸の広さを、比ゆ的に私は表現しているだけです。

« 春になると市場は活気づき1分間日本語スピーチも始まり | トップページ | 中国で食べ物の味をほめるということは »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/56946888

この記事へのトラックバック一覧です: 中国大陸は広い、ものすごく広い:

« 春になると市場は活気づき1分間日本語スピーチも始まり | トップページ | 中国で食べ物の味をほめるということは »