« 中国的お買い物事情バイオリン編 | トップページ | どなたか私に民主主義と経済を教えてください »

2012年12月24日 (月)

中国的お買い物事情髭剃りインスタントコーヒー御寿司編

 中国の物価は安い、と書きました。アマゾンで買うちゃんとしたパッケージの(露天で売っている紙ではさんだようなものじゃなく)DVDが送料込みで22元、同じくアマゾンで『挪威的森林』がなんと20元なんですから。『ノルウェイの森』上下巻が260円だとしたら、日本の高校生はこぞって読むかしら。村上龍の『無限近似于透明的藍』もだいたいその値段です。こりゃ買わない手はない、と思い、片っ端から買っています。中国語が読めても読めなくても。

 いっぽう、日本で買うより高いものもあります。

 ワイシャツ。

 ネクタイ。

 インスタントコーヒー。

 髭剃り。

 あまり中国では一般的ではないのかもしれない。コーヒーは喫茶店でも高いです。30元、ということは……比較しちゃいけないけど中国人が盛んに飲んでいる豆乳が1元半なんですからねぇ。このあいだ、ちょっと離れた焼餃子やさん(中国では餃子というとまず水餃子なので随分嬉しかった)で素敵に美味しい大型の焼き餃子、一皿が20元。どんなもんでしょ。

 インスタントコーヒーはやむなくネスカフェを近くのスーパーで買うのですけど60元。200gでこれならあきらかに日本のほうがずっと安い。

 髭剃りは15元の替え刃つきを買ったのですけどたちまち頭と(私は10年前からスキンヘッド)あご、ほっぺたが血まみれになりました。やむなく59元だしておなじ種類のものを買ったら打って変わってスムーズ。見たら、ホルダーは中国製だけど替え刃だけはドイツ製とありました。本当にドイツから輸入しているのかもしれない。

 ハーゲンダッツのアイスクリーム、ごく小さなのが35元。冗談じゃないのかしら。それでえんえん長蛇の列です。私はもちろん入らない。マクドナルドも吉野家の牛丼も日本より高い。

 日本のと同じで日本より安いのもあります。回転寿司のお店はハルピンにも数件あり、入り口で1000円ほどを払ってあとは食べ放題取り放題(飲み物は別)。これなら日本より安い。ただ……ネタは日本のより薄い。

 書いていて思い出しました。

 私が一番好きなお寿司屋さんは(1)小樽の魚真(うおまさ)さん。一番良く出る握りの盛りきりセット、2500円。で(2)増毛町のまつくら寿司さんが決まりの上握り2600円。同じようなものですけど、一度東京の人を連れて行ったら大いに興奮して、「築地なら1万円でもおかしくない」って言ってましたからね。

 あれ? 今日の話題ってなんだっけ?

« 中国的お買い物事情バイオリン編 | トップページ | どなたか私に民主主義と経済を教えてください »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/56387231

この記事へのトラックバック一覧です: 中国的お買い物事情髭剃りインスタントコーヒー御寿司編:

« 中国的お買い物事情バイオリン編 | トップページ | どなたか私に民主主義と経済を教えてください »