« 何かを伝えること、伝わったことに責任を取ること | トップページ | 零下14度の中生徒は驚くべき軽装で »

2012年11月24日 (土)

次の首相は中国との関係をどうするつもりなのか

 高校の教師時代、生徒には、20歳になったら棄権するな、と言い続けてきたのでした。

 「選挙には行け。絶対に行け。☆☆市の首長選挙が最近行われたが70歳以上の有権者の投票率が80%なのに20台の若者の投票率が31%だなんて、そんなことだから政治家はオジンのほうを向いてしか仕事しないのだ。国政選挙だったらなおさらだ。若者がきちんと投票行動を起こさないと、どんどん将来が不利になるぞ。」と。

 ところが今回は、私が投票できません。12月はまだ中国におります。日本を出るとき、うっかりして役所に手続きに行かなかったし。数日前、瀋陽の領事館からメールがあり、「ちゃんと手続きしてあれば中国にいても投票はできますよ」と親切に言ってくれたのに。残念。

 それにしても、日本にいらっしゃるみなさまは、いったいどの党に一票を投じられるのでしょうか。

 私はまだ、安倍さんが前回首相に就任された際の、「美しい日本!」という絶叫を、覚えております。

 それ、まだ安倍さん、考えているのでしょうか。

 日銀に量的緩和を迫り、インフレ率を3%にと提唱。安倍自民党総裁(そして将来の首相)の誕生を手ばなしで歓迎した経団連の会長は、いまでも同じ評価なのかな。どんなことがあってもドルを日本一国で支えて見せますよって意思表示したわけだけど、いいんですか財界はそれで。米倉さん大丈夫ですか。

 円はドルと無理心中させられるのか? 私は、ここにきて、韓国ってすげぇ国だなと思うんですけど。だって、朝鮮戦争のぼっ発からあんだけアメリカの世話になったのに(世話もしただろうけど)ドルが危ないと見るやさっさとウォンを中国人民元にペッグさせる。それを叱らないアメリカも、叱らせないイ・ミョンパクも大人だなぁと思うけど、じゃぁ同じ事を日本でもやれば? いまだに人民元よりもドルを重視している国って、アジアじゃモンゴルとベトナム、それに日本だけらしいですよ。

 安倍さんの言う美しい日本って(まぁ昔のことだけど)世話になったからアメリカが没落するときはすすんで日本も没落しますよって一蓮托生の犠牲的精神のことだったのかな。

 それとたしかに鳩山さんは基地の問題で失敗をしたかもしれないですけど、じゃぁ自民党はどうするんですか? 海兵隊が結局のところ日本を守るのか守らないのか、疑問に思っている人はおおぜいいます、私は絶対に安保の第5条は発動されないと思っています。だとしたら無能な海兵隊を意味なく沖縄に未来永劫固定するってそりゃないだろうと。

 今一番知りたいのは、次の総理は中国との関係をどうするのか、ということ。

 尖閣の問題は沖縄の基地問題を棚上げさせオスプレイを配備させそして日中の関係を悪化させあらためて対米従属を強めさせるためにどこまでも役に立った。

 そもそも誰が起こしたのか、って話になる。

 名前を覚えるいとまもないほどころころと出来ては消える政党。もう誰がどこに、って覚えるの、やめました。

 でも大阪の市長さんの政党だけど、世論調査を見るとその支持率にびっくりする。国政の実績のない政党に寄せる期待がこの数字かよ、と思う。でも、閉塞感のなかから、なにかわからないけど新しいことをやってくれそうだ、強権による押し付けもやるかもわからないけどこんな時代からそれもやむをえないだろうと、そう考えている人がいるとしたら危ない、と思うのって私だけなのかしら。

« 何かを伝えること、伝わったことに責任を取ること | トップページ | 零下14度の中生徒は驚くべき軽装で »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/56183920

この記事へのトラックバック一覧です: 次の首相は中国との関係をどうするつもりなのか:

« 何かを伝えること、伝わったことに責任を取ること | トップページ | 零下14度の中生徒は驚くべき軽装で »