« つかの間ハルピンに来られている私の配偶者様の歓迎会を学生が | トップページ | 座して没落の時を待たないとしたら? »

2012年11月19日 (月)

政治パーティーの迷走…何を今さら

 離党者があいつぎ、思いがけない人が思いがけない政党に加入して、あるいは加入しようとして、選挙区の有権者の中に、戸惑いと怒りが広がっているとか?

 今さら、何を言ってるんだよ。

 もともと、選挙区の人たちだって、人柄やその人の政治哲学を支持して投票していたわけじゃないでしょう、ただこの人が国会にいれば、この地域に利益を誘導してくれるだろう(税金を多く配分してくれるだろう)と、思っていただけでしょう。

 その人が自民党でいようが民主党でいようが、はたまた他の、名前を覚える意味もないような選挙のためだけに作った政党、というより政党「名」のもとにいようが、もう配分する税金なんかないよ。取ってこれる利益なんか存在しないよ。今更なんだよ。

 政治家がダメになった、ダメになった、というけど、何かしら若い頃の教育がいけなくてダメになったんじゃないですからね。戦後自民党がながく政権の座に居座ったのはイデオロギーがよかったからじゃなくて、税金の配分システムがそれなりに機能していたからです。7~9%という経済成長が今の中国並みに続いて、税収が何もしなくても増えて、結果的に国民がひとしなみに満足することが出来た、基地の問題とかアメリカ一辺倒の外交姿勢とか公害とか色々な問題はあるけど、まぁ税金の還流がそれなりに行えたのでこんなに長く与党だっただけです、んで「成長」が止まったら脳みそを使ってその時代に合わせた政治システムを構築しなければいけないのに、官僚と建設業界を初めとする利益団体が旧来のシステムを変えることを許さない、結果的に八方塞りとなってすくんでいる、それが今でしょ、それだけ。

 黒ひげゲームであります。

 樽に片目の海賊の人形を上から挿す。樽の横には無数の穴が空いていて、そこに小さなおもちゃの剣を挿してゆく。やがて何本目かの剣が海賊人形を飛び出させるトリガーに触れて、ゲームはオーバーになる。

 それが、今の日本です。

 あぁ破綻だ、ついに来た、と思う人はいるでしょう。事実そうかもしれません。

 でもそっからさき、私の考えが違います。その後のほうが……つまり破綻したあとのほうが、いい時代だということです。意味なく威張っていた人がもう威張ることできません。資格がないのに利益を得ていた団体がやがて衰退していきます。そうなってはじめて、政治とは何か、経済とはなんだったかという問いが意味を持つんだと、私は思ってるわけです。

 え? その時にはお前だって何にも考えられなくてすくんでいるはずだ?

 そんなことありませんよ、なんでも「ある」時代には見えないものが、なんにもなくなると見えてくるもんですよ。それが、「希望」です。

« つかの間ハルピンに来られている私の配偶者様の歓迎会を学生が | トップページ | 座して没落の時を待たないとしたら? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/56148895

この記事へのトラックバック一覧です: 政治パーティーの迷走…何を今さら:

« つかの間ハルピンに来られている私の配偶者様の歓迎会を学生が | トップページ | 座して没落の時を待たないとしたら? »