« 今夜は「ふるさと」を合唱 | トップページ | 自分の父を侮辱されて怒らない人はいない~石原発言で思うこと »

2012年11月21日 (水)

1998年、インドでした「国家の幸福論」その思い出

 私の初めての海外旅行は、31歳の時、インドでございました。母親が、「私が死んだら骨の処理はシンプルにしないといけない。墓の建立も寺への納骨も厳禁する。あんたらきょうだいで手分けして外国のあちこちの川に撒け。」と、少し変った遺言を残して死んだのであります。

 外国の川に撒く。その、どこがシンプルな処理なんだよと思いましたが、まぁ遺言のことでありますので、きょうだいで、あんたはどこそこ、あたしゃどこそこ、と担当を決めて散骨に臨んだのであります。私が担当したのはインド、ガンジスの川でありました。

 1998年の夏のことであります。散骨を終えてミンタウスのマーケットで休んでおりますと、ハジャジというバイクに乗った親父さんが現れました。

 「日本人か」

 「そうだ」

 「なぜそんなに金持ちなんだ」

 「少しも金持ちじゃない。このゴムゾーリを見てくれ。15ルピーだ」

 「いやあんた個人のことじゃない、日本という国家のことだ、あんたらは1945年に戦争に負けた。いっぱい日本人が死んだ。原子爆弾まで2つ落とされた。なのにたったの50年でそんなに金持ちになった。その秘密が知りたい。」

 私は、即座に答えました、「軍備に、他の国のように金をかけなかったからだ。どの先進国も軍隊の維持に国内総生産の何十パーセントかをつぎ込んでいる。北朝鮮のようにGDP65%も軍備に消えるという国もある。そんな国が繁栄するわけがない。日本は自慢じゃないが最小限の経費しか軍備につぎ込んでいない。国内総生産の1%強だし、それもほとんどが軍人の人件費だ。それでも多すぎるという人がいる。いいか、1%だ。他の国が軍備に使う金を、日本は経済政策に振り向けた。いわば1つの国家を1つの会社だとすると、設備投資に多くの金が使えたということだよ。繁栄しないわけがないだろう」

 「俺たちの国、インドはどうすりゃいいんだ」

 「だから軍備を縮小するんだ、それで飯を食っている人は抵抗するだろうが、戦争準備をやめると、金が浮く、それを国家としての設備投資に振り向ける。あんたらの国はこのあいだ、北インドで核実験をしただろう、ああいうバカなことはやめるんだな、核兵器は、作るのには金はかからない、プルトニゥムをはじめとする絶対に必要な材料があればということだがな、金がかかるのはその管理だ、核兵器を作ったととたんに、他国の核弾頭の配備状況を知る必要が生じる。つまりスパイ行為をする費用が発生する。核兵器を持つということは、他国の持つ核兵器との関係性が発生するということなんだからね。まだある。その核兵器を空母に積むのか潜水艦に積むのかあるいは地上に配備しておくのかわからないが、どのように保有しても他国は……つまりアメリカは、ということだが……執拗に追跡して把握する。その配備場所とコントロールシステムはインドの一番の弱点ということになる。そこを防衛するためにまた費用が発生する。私はバカで無力な1人の高校教員だが、今のインドにそんなことをする金がないことくらいわかる。北インドの核実験は高いものにつく。軍事費用を削減されては困るインド中枢の年寄りが半分発狂状態となって決めたことだろうが、その実験と開発と保有方法と防衛のシミュレーションに、いったい何億ドルかかるだろうか。想像もつかない。軍備というのはもともとないほうがいい、それは決まっていることで、持たない、と決めると豊かな生活が送れる。持つ、核まで持つ、というなら国民の半分は飢えることになるよ。あんたは、それはアフリカの未開国家のことでインドのことじゃないというだろうが程度の差にしか過ぎないよ、だって最初にあなたが質問した日本の繁栄の理由はそこにすべての答えがあるんだから。」

 ……この会話は、実際にあったことでございます。今となってはなつかしい……で、え、ええっ、昔話じゃない? 都知事がぁ? 1970年代にまだ都知事じゃないときに「1発でいいから核兵器を持とう」と発言してみんなが馬鹿にしたの覚えてますけど……

 それ、まだ言ってるの?

« 今夜は「ふるさと」を合唱 | トップページ | 自分の父を侮辱されて怒らない人はいない~石原発言で思うこと »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/56162394

この記事へのトラックバック一覧です: 1998年、インドでした「国家の幸福論」その思い出:

« 今夜は「ふるさと」を合唱 | トップページ | 自分の父を侮辱されて怒らない人はいない~石原発言で思うこと »