« 久々の二人暮しに | トップページ | 匂うわたしで何がいけない、と開き直る、というかそもそも気づかない「健全」 »

2012年10月31日 (水)

雫さんへのお礼、返信……中国の生活で困ることはあるか

 雫さんお久しぶりです。元気でやっております。雫さんのところは(関東地方じゃないかと想像しているのですが)そろそろ金木犀が匂う晩秋? いや、まだ早いでしょうか、それには。

 でも、同じ関東でも房総半島と群馬県じゃかなり違うでしょうし。

 ハルピン、今日は初雪でした。気温が氷点下なので路上の雪が融けないで、もしかしたら積もるのかなと思いましたがそんなこともありませんでした。生徒はもう冬の衣装で、でも聞いてみると「本当の冬のためにもっと分厚いのが温存してあります」ということでした。

 配偶者と久しぶりに会いました。すばらしい人生なんてとんでもないことで、夫婦揃って思いつきで行動する、お調子者というだけです。

 中国での生活は70日を越えました。ビザは来年夏までですが、なんとか今の体調を維持したいと思います。

 それと、さて困っていること……。

 食材はその1つです。手に入れにくいもの、日本の味の醤油、味噌、(ともに中国風のはある。かなり違う)カレールー、出汁昆布、出汁パック、チューブのマヨネーズ、魚の切り身、(中国の人は一匹丸ごとを買って帰って自宅でさばく)他にもありますけど、まぁ向こうの味付けで自炊しようと思えば簡単です。果物や野菜ははっきりと中国産のほうがおいしいです。特に単なる蜜柑の味の濃さは驚きます。寒暖の落差が激しいので果物の味がよくなると聞きました。

 結局、なくて困るものは何もありません。トイレにドアがないというのは全くのでたらめだったし(公共の建物のトイレはそれどころかかなり清潔。大衆食堂のはダメ)。建物の中は寒くありません。特にアパートの4階は快適です。南向きで、晴れた日には暖房いらないです。

 今思い出しました。絶対に困るのが、英語がまるっきり通じないことです。銀行や郵便局はまぁ仕方ないとして、空港のポリスや両替所、公安のオフィス(居留許可の申請を行う)で中国語しか通じないというのはどうなんでしょう、間違っているのではないでしょうか。それでいて、中国では小学校3年生から英語の授業があるって言ってるんですよ。本当かいっ! と突っ込みたくなります。

 アパートの営繕を担当する男性は面白いです。7棟あるアパートを、たった1人の男性が巡回しています。ですから大変に忙しそうです。管理人さんに「テレビが映らない」とやいやい言うと、10回に1回くらい、その男性、来てくれます。絶対に直りません。1回目、時間をかけてテレビを点検して、「このテレビは、実は、ここだけの話ですけど、壊れてます」といって、帰って行きます。じゃぁ新しいのを持ってくるのかと思うと持ってこなくて、また管理人さんにぎゃぁぎゃぁ言うと、10回目くらいに来てくれます。同じ男性です。1回目と同じところを点検します。「いや、そこはあなた、前回調べてましたよ」というのですが耳を貸してくれません。そして30分位して、「実はこのテレビアは壊れてるんです」といって、帰って行きます。「請給我新的電視机!」と紙に書くと、ものすごく困った顔をして、「月曜日の10時はここにいるか」と言います。授業があるからいるわけがありません。いない、というと、「そうか」といって帰って行きます。

 これを何度も繰り返すと、さすがに私の体もひざの辺りから溶け出して、海のような中国的常識に、同化してしまうと言うわけです。

 中国、強し!

« 久々の二人暮しに | トップページ | 匂うわたしで何がいけない、と開き直る、というかそもそも気づかない「健全」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

返信有難う御座います。

1年前は東京に住んでいたのですが、現在は転勤により愛知に住んでおります。
そうですね、数週間前から金木犀の香りがあちらこちらでし始めていますよ
好きな香りでもあります。

そちらは氷点下ですか・・・寒さには強いと思いますので、そこら辺は問題なさそうですね

カレールーがないんですか?
向こうの人はカレーを食べないということでしょうか

果物や野菜は美味しいんですね
噂では農薬が大量に使ってあるため、野菜を洗う洗剤などがあるとも聞いたことがあります

なるほど、一番は英語でしたか・・
中国の英語教育も日本と同じで上辺だけの教育なのかもしれませんね
しかし、公安で通じないとは・・・それほど田舎ってことでしょうか
そちらで日本人と出会ったりしたことはありましたか?

いろんなところで中国の文化?人となり?を体感しているみたいですね(笑
せっかくの娯楽のテレビも見れないとは・・
多趣味な中さんはそちらでの休日とかは、どんな過ごし方をしてるのか気になるところです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/56014508

この記事へのトラックバック一覧です: 雫さんへのお礼、返信……中国の生活で困ることはあるか:

« 久々の二人暮しに | トップページ | 匂うわたしで何がいけない、と開き直る、というかそもそも気づかない「健全」 »