« 助教さんのいない授業……映画「バベル」再考 | トップページ | そこにいるあなたが「中国」、ここにいる私が「日本」 »

2012年10月25日 (木)

新入生歓迎会……中国でも女性のほうが元気

 水曜日は外国語学部の新入生歓迎会がありました。歓迎会といっても舞台に上がる上級生は司会者だけのようで、1年生自身がパフォーマンスを披露するのです。(上級生の演目で新入生を楽しませる会は、同じ歓迎会だけどもっと早くに実施されたらしい。私は呼ばれなかった。)

 各クラス対抗というわけではありません。色んなクラスから代表者を集めてチアリーダーのコスチュームでダンスしたりドレスを着て歌を歌ったりロックを演奏したり寸劇を披露したり、演目は多岐にわたっていたのでした。随分楽しませてもらいました。ダンスは同じ動きを繰り返すということが絶対にない、複雑に振り付けされたものでもちろん技術的にすばらしいものだったし、歌はなにぶん中国人ですから熱演熱唱、彼女達は日本の浜崎あゆみさんなんか大好きなんだけど冗談じゃない、あんなオイルが枯れかけた人造人間みたいなぎこちない歌じゃなくはるかにうまかったし言ってる事はわかんないけど、リフレインの感情をこめるところで絶対に外したりしない。音程は正確無比でしかも音域はとても広かったし、大満足だったのでした。ただ、「★★ですよ、いつも授業の時最前列に座ってるでしょ」と言われても絶対にわからない豹変ぶり。

 コントは中国語わからなくても理解できます。床屋にやってきた客が、店主があやしげな表情でかみそりを研ぐので不安がり、実際にひげを剃る段になって何度も何度も喉を切られそうになって焦る様子とかおかしくて爆笑だったのでした。

 それにしても。

 日本と変らないことが1つ、あります。

 男より、女のほうが元気だ。

 なぜ?

 これだけはわからない。表現するのは、女の仕事だったっけ? そして揃いも揃ってみんな、勝ち誇ったような顔をし、そしてとんでもなくうまい。ロックバンドにしても、まぁボーカルは男だけどリズムキープをするドラムもベースも女。

 まぁ、しようがないので。

 女性、ばんざい! 中国の女性ばんざい! 日本の女性ばんざい! 明日は私の奥さんが私の様子を見に、この学校へやってくる日だし。

« 助教さんのいない授業……映画「バベル」再考 | トップページ | そこにいるあなたが「中国」、ここにいる私が「日本」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/55969570

この記事へのトラックバック一覧です: 新入生歓迎会……中国でも女性のほうが元気:

« 助教さんのいない授業……映画「バベル」再考 | トップページ | そこにいるあなたが「中国」、ここにいる私が「日本」 »