« 消費される「もの珍しさ」その2 | トップページ | 莫言氏が受賞した意義、村上春樹氏が授業しなかった『意義』 »

2012年10月11日 (木)

頭の中におもちゃ箱がある

 DEVILさんのブログは残念ながら中国へ来てから閲覧できなくなりましたが、今回お書きのことは本当にあの大事にされているブログの内容とも一致し、「なるほど、なるほと」と私に思わせました。

 自分をどういう人間かある程度把握し、日常生活を自分で点検できるって、なんてすばらしいことでしょう。

 頭の中におもちゃ箱があるような愉快な人は、そうでない人から「変った奴だ」と思われるかもしれませんが、主観的にはとても幸福な人生を送れると思います。坂本龍一や一部の起業家のように世界的な成功を収めるには好奇心だけではない別の要因も必要でしょうが、この「主観的には幸せ」というのは、案外大事だと思います。少なくとも私は、持って生まれた実力の貧しさにかかわらず、本当に楽しい生活を送ってきました。

 DEVILさんのような人が、いろんなものを味方に付け(家族の理解とかそれに興味を示す友人とか手先の器用さとか北海道という地理的条件とか)私の100倍、楽しい生活を送られることを確信します。

 あ、ある程度は、本も読んだほうがいいようですよ。(読んでると思いますが)自分を押し出すばっかりの傲慢な人間にならずにすみます。私の人生の一時期がそうで、ずいぶん貴重なものを喪いました。

« 消費される「もの珍しさ」その2 | トップページ | 莫言氏が受賞した意義、村上春樹氏が授業しなかった『意義』 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/55864769

この記事へのトラックバック一覧です: 頭の中におもちゃ箱がある:

« 消費される「もの珍しさ」その2 | トップページ | 莫言氏が受賞した意義、村上春樹氏が授業しなかった『意義』 »