« 莫言氏が受賞した意義、村上春樹氏が授業しなかった『意義』 | トップページ | 友達とは何か……映画「バベル」が本当に言いたかったこと »

2012年10月13日 (土)

小説を書く人へ、小説家じゃない私からの意見

 DEVILさんおはようございます、コメントありがとうございます。間違っていたら申し訳ないのですが、「創作国語演習」という、砂川高校でないと絶対に実施されない設定科目で、みんなで書いた小説を、読みあう、という授業ではなかったですか?(違っていたら指摘してください)あのとき、他の見学者が510分程度で次の教室へと移っていく中で、比較的長い間授業教室に留まっていてくれた人がいましたが……。今にして思うと、あの時がDEVILさんと初めてあった日だったも知れないですね。

 それにしても、好意的な評価は大変に嬉しいのですが、いささか褒めすぎです。たまたまあの時にやっていた課題が、DEVILさんの興味関心に合う、というものであったことが喜ばしいです。私はむちゃくちゃな仕事をいっぱいして生徒にも同僚の先生方にも迷惑を掛けてきました。教師の必要条件って、最低でも生徒との約束は決して忘れない、期日は守る、今やっていることの意味と目標をちゃんと毎時間、わかりやすく説明できる、ということだと思うのですが、その点ですでに私はひどいものです。忘れる、プリントは遅れる、説明内容と授業内容が一致しない、字は間違う、筆順は違う、……壊れています。ひとえに、北海道砂川高校の生徒の皆さんが優しく、ひたむきだったので5年間、大きな破綻がなかっただけす。

 でも、中国に来て(日本にいる時もたくさんのコメントをもらいましたが)こうやってインターネットを通じてやりとりが出来ることの意味をかみ締めながら、あの出会いというのは私の人生にとって、とても貴重だったんだなぁと思いました。

 さて、好みの作家ということですが、私はある時期までの大江健三郎、太宰、そして村上春樹、村上龍、それに藤原新也と三島由紀夫、などの作家を愛好しているつもりでいます。外国人作家だと、なぜだかレイモンド・チャンドラーやサリンジャー(『ライ麦畑』は村上春樹訳がいいようです。春樹さんの小説になっちゃいますが)なんかが、本棚に並んでいます。ちゃんとしたディレッタントは私の本棚を見て「なんだ、ただのミーハーじゃん」というと思います。それで私としてはかまわないのです。

 単に日記をつけるために日本文を書く人も、小説を書く人も、どんな人も自分の文章スタイルを持ちます。そして、複数の作家のスタイルをミックスさせて自分だけの美質をつくるのだろうと思います。結論的に言いますがおそらくは現在活躍中のプロ作家も、複数の愛好する国内外の小説家の文章を巧みに利用して自分の文体を作ったのだと思います。村上龍の文章にはごくごく初期のル・クレジオが、そして春樹さんの小説には彼自信が告白しているように、イギリスを初めとするヨーロッパの作家の文体が抜きがたく染み付いています。ですからやっぱり読書はせざるを得ないし、どの作家からどのセンスを盗むか、という戦略もあったほうがいいかもしれません。私の場合は、少数の作家の作品を全部読む、それも繰り返し読む、というのが似合ったようです。楽しかったです。

 モチーフに出会い、誰にそれを伝えるか、という対象が見つかったとき、たぶん自分の文体は生き生きと呼吸をはじめるのだろうと思います。DEVILさんから作品が送られてくるのが楽しみです。

« 莫言氏が受賞した意義、村上春樹氏が授業しなかった『意義』 | トップページ | 友達とは何か……映画「バベル」が本当に言いたかったこと »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

確か、「友達の定義とは何か。」
っというのを話していたのを覚えています。
言われてみればあの授業で僕ともう1人の友達は長くいましたね。
先生が想像している人物と重なっていれば嬉しいです。

そしてとても貴重な意見ありがとうございます。
技術を盗むことは大切だと確かに思いますね。
一応僕にもたった一人だけ、作品ではなく文体が好きな作家がいます。
「西尾維新」という作家で、お世辞でも真っ直ぐとは言えない捻りに捻った文体の方です。
自分が書く文章にもその回りくどさがあったりします。
僕も筆者もひねくれた性格をしているからでしょう。
今後は色んな作家の作品に触れ、自分の文体の進歩につなげたいと思います。
現在執筆中の作品はどうにも文章達が息苦しそうに見えてしまうので・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/55878567

この記事へのトラックバック一覧です: 小説を書く人へ、小説家じゃない私からの意見:

« 莫言氏が受賞した意義、村上春樹氏が授業しなかった『意義』 | トップページ | 友達とは何か……映画「バベル」が本当に言いたかったこと »