« メディアが井戸端会議やってどうすんだよ | トップページ | デビルさんご心配頂きありがとうございます »

2012年9月29日 (土)

感情的にならずに、そしてちゃんと論拠を、とたしなめられること

 基本的に、私はブログを、心配してくださる親戚知人の皆様に向け、「生存報告」として書いております。しかしそれにしたって、村上龍氏のJMM、田中宇氏のメールマガジン、そのほかネット上にあるいくつかのレポートを拾い読みして断片的につなぎ合わせ、感情的な記事を書くべきではなかったのでした。ある方から、「もう少し論拠を示しながら整理して書けば?」というご指摘を受けました。貴重な情報もいただきました。

 中国は何を考えてるんだ、というヒステリックなメディアの論調を批判するつもりが、自分がヒステリックになってはいかんですね。

 たぶん私は、最初にこのようなこと考えているんだと思います。

 「今、中国の大学で、一身に日本語を勉強している人たちが、『この勉強は将来ちゃんと役に立つのだろうか』という疑問を抱く、それが自分にとってもっとも辛いことだからそれを言い立てる日本の一部メディアが許せない。」

 その心配が、ふと生徒から見抜かれてしまうのではないか、その自分のぐらつきが、許せない。つまり2重に、許せない。

 今回の『反日』『暴動』で困っているのは日本人だけではないと思います。操業続行をあきらめた商店、工場があるということは職を失った人もいるということでしょう。それらの人々の怒りや困惑は簡単に消えません。どこに端を発したか? 私は尖閣問題再燃はアメリカがシナリオを書いていると思っていますが結果的にアメリカの覇権喪失の日程が先に延びることはあきらかでも、もちろん証拠はありません。

 そして。

 今回のことでアメリカが冷淡な態度をとる、日本人(特に政府)は今までアメリカ大好きだったけど、一気に反米に振れる危険性はおおいにあります。愛し合った夫婦が何かの問題で離婚するときの感情の逆方向へのスイングのように。それが一番ダメなはずです。それは一番危険なナショナリズムのはじまりです。様々な国家の悲惨がそこからはじまったことを、多くの事例が教えているのに。

 それをさせないのがメディアの役割では? と、私は言いたかったのです。

« メディアが井戸端会議やってどうすんだよ | トップページ | デビルさんご心配頂きありがとうございます »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/55770064

この記事へのトラックバック一覧です: 感情的にならずに、そしてちゃんと論拠を、とたしなめられること:

« メディアが井戸端会議やってどうすんだよ | トップページ | デビルさんご心配頂きありがとうございます »