« 昔々あるところに、のび太国という国が | トップページ | 報道メディアの大きな罪 »

2012年9月17日 (月)

野田さん今こそ「外交」をしてください、中国へきてください

 冷静に考えると、ドラえもんだ、ジャイアンだ、と冗談を言っている場合では本当にないのでした。

 主権国家の政府の代表者として、関係改善のために具体的に動いてください。切に、切に、願います。

 今こそ野田は国連ではなく中国へ行って、「外交」をするべきです。

 今まで、どんなこともアメリカの「ケツは持つぜ」という「保障」で外交じゃない外交をやってきたわけでしょ、今回アメリカはあからさまに介入を避けている。パナマじゃあんだけいらない「介入」をしたアメリカが、同盟国がこんだけ困っているのに、「まぁそっちの問題だし」という態度。それはそれで当然だから、野田は今こそ外交をするべきです。そのチャンスだと思います。

 日本以外の人はみんな、「もうアメリカじゃない」と、思ってますよ。

 誰だって、今後覇権を失い世界に対する影響力を確実に手放すことになる米国への依存はできないと、認めているはずです。

 それなら今回の南の島にまつわる騒乱はそのチャンスと言ってよくはないか。

 あの威勢のいい大阪の政治家に人気が集まるのは、対米従属以外の外交オプションを何かしら持っていそうだという期待が背景にないのでしょうか? 私じゃなくても誰だって、もうアメリカのコバンザメではいられない、それじゃどうやって自立した外交策を打ち立てるか、頭をひねっているはずでしょ。

 どう考えても尖閣はそのチャンスだし。「やっぱこの程度か」と思われる結果になったとしても、「外交」をするべきですよ。

 わたしには、それ以上にわからないことがあります。中国の政治家に関するNHKの報道ですよ。

 「あの島を国有化したら許さないと言ったのに野田はやった。それで激怒」???

 本当ですか? シナリオ、間違ってませんか?

 今の中国にとって、そこまでかかわらないといけないほどの島でしたか? 中国が目下抱えている問題があるとしたら、インドとの関係を良くして上海協力機構に迎え入れること、台湾を平和裏に併合すること、チベット問題で国際社会からとやかく言われないようにすること、中東やパキスタン、アフリカに、アメリカに代わってプレゼンスを展開すること、あわせて独自にロシアのインフラ整備に介入して資源を共同開発する将来像を具体化させること、……と、巨大なプロジェクトが目白押しでしょ? アメリカは間違いなく破綻して金本位制に移行し、ドルと米国債は紙くずとなり(それは言いすぎとしても)その時点で中国はアメリカに代わって世界の力学の調整役を務めているだろう、それが現在の目論見ではないのかしら。

 そんな時に、中国があの小さな(失礼)南の島の問題で日本の……こともあろうにいつ首が変わるかわからないような……政府に、激怒?

 ううむわからない。

« 昔々あるところに、のび太国という国が | トップページ | 報道メディアの大きな罪 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/55684585

この記事へのトラックバック一覧です: 野田さん今こそ「外交」をしてください、中国へきてください:

« 昔々あるところに、のび太国という国が | トップページ | 報道メディアの大きな罪 »