« 月餅のこと、英会話のこと | トップページ | 生徒から月餅のプレゼントを受けること、そして考えたこと »

2012年9月26日 (水)

突如教室に「ヨーウ!」の雄たけび

 やたらと、「こみあげる」場面が多く、本当に困ります。

 1年生はようやく五十音図が完成しました。アイウエオのカタカナ、平仮名(カタカナのほうが圧倒的に覚えるのが大変)その両方のきゃ、きゅ、きょ……ビャ、ビュ、ビョ、ピャ、ピュ、ピョまでですから、読み取れ、発音でき、音を聞いて書ける、というのはすごいことだと思います。その大変なことを2週間で、彼らは全員クリアしました。

 発音に苦労しています。

 助教の4年生・リュウさんが、彼らが入学する前に顔と名前と出身地を全部記憶していた、そのことの意味は早くに明らかになりました。省によって、発音の癖が違うそれを直しながらの授業となります。

 ある省の人は、言葉の最初の濁音(特にガギグゲゴ)ができません。学校、が、格好、になるわけです。それを全部記憶し、最初の授業の前に個別の対策を立てたリュウさんはすごいと思います。あ、この、リュウ、ですけど、これも省によって発音が微妙に、じゃなく相当に違います。流行歌、が、るぅこぅくぁ、になったりするわけです。いったいどうしたらそんなに、世にも難しい唇と舌の使い方ができるんだろうと思うけど、その人たちにとっては、日本人の「流行歌」のほうが難しいのです。

 今日は、「新聞紙」に非常に苦労しました。

 私:しんぶんし。

 生徒:しんむんし。

 私:ブートン(違います)。しんぶんし。

 生:しんぶんしん。

 私:ブートン、しんぶんし。

 生:し……(発音できずこっちを見つめる)

 私:ぶ。

 生:ぶ。

 私:ぶん。

 生:ぶん。

 私:しんぶん。

 生:しんぶん。

 私:トゥエ。しんぶんし。

 生:しんぶんしん。

 ……

 それだけで今日はほぼ90分、終わりました。11人の至近距離で発音して、聞き取るので、そのくらいはかかります。ちなみに「ジェットコースター」なんてもっと大変です。生徒はおそろしく耳がよく、こっちの模範発声のどんな違いも聞き分けますから、1回目の「ジェットコースター」と8回目のそれは、完全に一緒でないと混乱します。こっちも気をつけます。ぐったり疲れます。疲れるのは口だけですけど。

 授業が終わってのスピーチ。

 「大変だろうと思う。でもこの授業は4年続く。今がんばらないと、4年間は地獄のように辛い。辛い4年間にしたくなかったら今、がんばるしかない。明日も耐えろ。今に楽になる。」

 全員がちゃんとうなずいてくれます。

 「今ここにいる通訳のリュウさんは来年はもう学校にいない。そして3年後、新1年生が入ってくる時に、通訳をするのはこのクラスの誰かに今から決まっている。誰かがそれをやらないといけない。3年後にはリュウさんの代わりを務める自信が、今から必要、」

 突如、全員が叫びました。本当に全員です。

 「ヨーウ!」

 彼らは、それは私だ、と言ったのです。

 最前列の生徒が、すばやくティッシュを持って教壇に駆け上がってきました。

 中国製のティッシュは、日本のと比べて少し、ごわごわしています。いや、日本のが少し、やわらかすぎるのです。

« 月餅のこと、英会話のこと | トップページ | 生徒から月餅のプレゼントを受けること、そして考えたこと »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/55750384

この記事へのトラックバック一覧です: 突如教室に「ヨーウ!」の雄たけび:

« 月餅のこと、英会話のこと | トップページ | 生徒から月餅のプレゼントを受けること、そして考えたこと »