« はっぴいさんへのお礼、返事 | トップページ | ふたたび雫さんのコメントで思い出したこと、中国語の発音、ほか »

2012年9月 4日 (火)

雫さんへ、コメントのお礼と報告

 雫さんありがとうございます。中国から色々なレポートをと考えていたのですけど、フェイスブックとヤフーブログはアクセス(編集、コメントへの返信はおろか閲覧もいっさい)不可となり、それは中国のネット事情か学内回線の事情かわからないのですけど、おおいに残念だったものでした。

 「テキストファイルで記事原稿送ってくれれば代理で更新してあげるよ」という人がいて、いくつかの記事を書いてもらったのですがその人物もたいそう忙しい仕事を抱えているし、色々考えた末、アクセスできるニフティのブログを新規に開設することにしました。

 今回、雫さんに来ていただけて、本当にうれしいです。基本、生存の報告ですので、これからもお願いします。雫さんのブログを拝見できない(他の方のも)は返す返すも残念です。必ず帰国できるのは来年7月ですが、もしかしたら春節にも帰国できるかもわかりません。そのときにはぜひ記事、読ませてください。

 反日デモがあったという日は、さすがに私たちに「気をつけて」という指示がありました。どうしても街に出ないといけない用事があったのですが4年生の男子生徒がボディーガードに付きました。そして、「街で日本語を使わないでください」と言われました。結果、何もありませんでした。ボディーガードとは、その後親しくなり、毎週月、水、火と私の部屋に日本語の勉強に来るようになりました。1人の日本人として尖閣のことも日中関係のことも案じております。そして目の前のすべての大学生は日本の動漫(アニメです)やまだ見ぬ富士山などをはじめとする風物、文物を深く愛し、興味を持ち、本気で友好を願っています。

 ピンインというのは中国語をアルファベットで書き表したものです。たとえば「水」はshuiです。語尾を上げれば「誰」、低く発音すれば「水」、はじめ高く、語尾を下げれば「眠る」となります。Shui、までを入力すればこれら候補が出てきますが、途中ですでに他のと混じってこれらが出てきます。それを、候補群に現れた段階で選ぶわけです。日本の携帯電話よりはるかに速いです、しかし、辞書が手放せません。なにしろ「水」は日本人にとってはsui「髄」と、とても発音が似ているのです。うろ覚えではとても打てません。

 とにかく、いろんなことが新鮮です。すっかりこの街、この学校が好きになりました。中国では大学というのは完結した「町」であり商店も複数あり簡単なものなら買え、生活できるのです。ただ、衣類と米は、やっぱり学外へでないといけません。その際も、「今日の夕方買い物に付き合ってくれないか、通訳として」というといっせいに何本も手が上がります。

 これからも、どうかよろしくお願いいたします。

« はっぴいさんへのお礼、返事 | トップページ | ふたたび雫さんのコメントで思い出したこと、中国語の発音、ほか »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いえいえ、私のブログの方は、戻ってから暇つぶしにでも寄ってください。

ボディーガードが付くとは、なんとも物騒な感じですね・・(汗

「ピンイン」
私たちがパソコンで使っているローマ字打ちみたいなももってことなのかな?
微妙な発音の違いを使い分けるには経験ですよね
人によっても地域によっても発音が違ったりするし・・

今までの環境と違って、新しい刺激になっていることでしょう
理想的な第二の人生を歩んでいるように思えます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/55577665

この記事へのトラックバック一覧です: 雫さんへ、コメントのお礼と報告:

« はっぴいさんへのお礼、返事 | トップページ | ふたたび雫さんのコメントで思い出したこと、中国語の発音、ほか »