« 始まった国慶節、そして「消費される『もの珍しさ』」 | トップページ | 感情的にならずに、そしてちゃんと論拠を、とたしなめられること »

2012年9月29日 (土)

メディアが井戸端会議やってどうすんだよ

 ここに来て、私の中に一つの疑問が、あります。

 日本のメディアは、どうして国家の方向性を国民みんなが考えるような方向で、リードしないのか、ということです。

 尖閣諸島は日本の領土に決まっている、実効支配してきたのは日本だ、2002年に政府が借り上げた時も2005年に灯台を国の重要な「国有財産」として政府発表した際も中国はそれほど騒がなかったではないか、今になって私有を国有に変えたところで日本国の財産であることは変わりない、何をあざとく「怒っているふり」をするのか、と悪口をいうことはいくらだって出来ます。

 私でも出来る。

 でも、そりゃ子どもだ。

 嫌いなら嫌いでいいから、じゃぁその嫌いな国と距離を置いてどのような国家の方向性があなたの考える理想なのか、というところで話し合えるのが大人でしょう。

 とにかく向こうが間違っているんだよ、といくら言っても事態は希望するようには動きません。一説には12月かと言う(もう少し早いかもしれない)党大会で国家主席が代わりますが、習主席の10年をトウ小平の流れを汲む中道派がリードするのか急進派(つまり軍部)がとるのか毛沢東を崇拝する左派が発言力を保持するのか、その力のせめぎあいがすでに始まっているということでしょう、尖閣列島国有化、中国を刺激する策はアメリカが書いたシナリオで、それを逆利用したのが中国共産党、とすればいずれにしても国家戦略上の問題だったわけですよ、あなたもそれを持たないとダメです、全く、自分達の財産でもあるのに店を襲撃して何を考えてるんでしょう、といくら井戸端会議しても何も生まれない。

 私は、「1人の日本人としてどう考えますか?」と問われたら答えないといけないし、「君らの学んでいる日本語は絶対に無駄にはならない」と自信をもって答えないといけない義務があります。だからメディアの、「全くなんてことでしょう」という井戸端会議には全くついてゆけません、それは判断の放棄だと思っています、今までなんだってアメリカがどうにかしてくれたから今度もどうにかなるでしょ、という「判断の放棄」だとしたらそれが一番良くない。だって石原の発言からしてアメリカがシナリオを書いて「けしかけた」と私は疑ってますから。覇権喪失を先に延ばしたいアメリカ、日米同盟を早めに分断させて日本を取り込み極東におけるアメリカのプレゼンスを無力化したい中国、それぞれの国家戦略が今回の問題を引き起こしたというその時に、井戸端会議をメディアがやってどうすんだよ。

 それからどっかの立派な大学の教授が「1972年の国交樹立は正しかったのか」って、あのねぇ、田中角栄が身を挺してやったことがすでに歴史的事実になったその今になってそりゃないでしょうよ。40年の過ちだとしてどう是正するんですか。日本の貧乏な大学生のジーンズを調べてみろよ、8割は中国製だよ、安価な商品を売る店からメイドインチャイナを残らず撤去して御覧なさいよ、何を売るんですか、メイドインベトナムですか、野球キャップしか残んないよ。考えたらわかるでしょう、中国共産党があそこまでできるのはそういう日本の生活事情、中国依存の消費構造があるとわかってるからでしょ。

 少なくともメディアは、日本の若者に、外交カードはちゃんとある、ということを示すべきです。すでにインドが、バングラディシュが、「じゃぁ中国はあきらめてこっちに資本投下してくれませんか」と売り込み開始してるでしょ、すでに中国を見限ってベトナムに工場を作ったのが似鳥さんでしょ、アメリカ国債を溜め込んだ世界1と世界2が争わないでその放出を「共同して」アメリカに匂わせたらおもしろいことが起こると思うけどなぁ。今なお、アメリカは国債の引き受け先を確保するのに必死なんだから。日本と中国は、争わないほうがいいしましてや1972年に戻って新潟の偉人に文句を言う漫画を(それも、大学教授の漫画を!)メディアが報道したらいけないよ。

 で、結局。

 このブログは日記だと思って書いてますけど、一応ネット上なんで「非国民的発想ですが」とエクスキューズしながら書くわけですが、私は野田さんは、首相の座を安倍に引き継ぐとき、尖閣問題は領土「問題」として次期政権に処理をお願いすることにした、ぐらいのことは中国に言ってもいいのではないかと思います。その上で、付近海域で遭難漁民を「日本人が」救助した際に中国が「尖閣諸島」という呼称をちゃんと使って感謝を示したということを国内外に示し、実行支配の経過と2002年、2005年のそれぞれの中国の対応をとりあげて現在見せている態度との非整合性をアピールする。もちろん他にも材料はあるでしょ。アメリカに向かい、「いつまでへらへらどっちつかずの態度をとるんだ」と一喝したらかっこいい。できないけど。

 それと。

 追跡調査付きで食糧支援を北朝鮮に対して行う。人道上も必要かもしれないですよ。これだけ近い国なんだから。それに、中国のかかえる厄介な問題の1つが、北朝鮮の「難民」なんだから。少なくとも中国は公式には認めないだろうけど、感謝はするでしょう。

 え? アメリカが絶対に認めない?

 新潟の親父さんから40年も経ったんですよ、40年ぶりに「アメリカが認めない」ことやってもいいじゃないですか。親父さん、あの世で鯉に餌やりながら喜ぶよきっと。

 で、国家戦略。それをどうするか。鯨に噛み付くボウフラはどう考えるか。

 そりゃ明日考えます。

« 始まった国慶節、そして「消費される『もの珍しさ』」 | トップページ | 感情的にならずに、そしてちゃんと論拠を、とたしなめられること »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お元気ですか?
最近ニュースを見る度に中国人が日本人を襲い、日系企業への襲撃が絶えないことを報道しています。
そのたびに先生のことが心配になっています。

中国のデモ隊のなかにはお金をもらって参加している人もいるようですね。
わざと過激化しているとも聞いたことがあります。

とにかくお体にお気を付けてください。


あっ、来週の金曜日は運動会です。
今の状態ではダメダメなのでもっと練習頑張ります!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589238/55768106

この記事へのトラックバック一覧です: メディアが井戸端会議やってどうすんだよ:

« 始まった国慶節、そして「消費される『もの珍しさ』」 | トップページ | 感情的にならずに、そしてちゃんと論拠を、とたしなめられること »